なんとなく良台であろう予感はしていました。
実際に打ってみて確信に変わったコン吉がボソボソ。



流石はオーイズミさんですわ。
極稀に奇跡的な機種を出すメーカーとして僕の中では認知されているのですが、閃乱カグラはまさにそれ。

とにかく導入数が少なすぎて、打ちたくても打てないという状況だったのですが、ようやっと初打ち完了。

元々コンテンツ好きというか、キャラ萌えしていたので、斑鳩と詠のためだけに諭吉ぶっ込めるくらいの感覚だったのですが、これはブヒって良し、叩いて良しの神台候補。

2017年度だと、ラブキューレ・ツインBREAKに次ぐヘビロテ機種になりそうなので、導入しているホールは是非大切に扱って欲しい。

導入していないホールは今すぐ導入しましょう。
特に萌えコーナーとか設置していて、閃乱カグラ未導入とか意味不明なホールがあるのなら、最優先で導入すべき機種です。


オーイズミの起こした奇跡として名高いのが、ひぐらしと喰霊零なのは一般常識として広く知られていることだと認識しておりますが、閃乱カグラはその軌跡の系譜に入ってくる機種でしょう。


まず、オーイズミらしい「1段階や2段階のリールロックではレア小役告知である」というのが素晴らしい。

1段階は弱レア小役、2段階は強レア小役程度のもので、3段階まで行かないとまず安心できないという部分が喰霊零を彷彿とさせる。

もちろん、KPEのようにリールロックからボーナスに繋がった場合はBIG確定という要素もないのが何ともオーイズミらしいと言えるでしょう。

喰霊零が好きで良く打っていた自分としては、こういったところに色を感じるというか、安心するというか、同じ開発チームでは?と勘ぐったりできるのが良い。
ステップアップのSEも同じですしね。


そして、肝心要のシステム。
これがもう、自分的にはぶっ刺さるというか、凄い好き。

ボーナス+ART機で純増1.2枚という時点でムラムラしてくるものがあるのですが、小役構成もバッチリ。


チェリーこそ強弱ありますが、スイカとチャンス目は強弱なし。
これよこれ。

何でもかんでも強弱付ければ良いってもんじゃないし、中段弱チェリーとかは強いのか弱いのか良く分からず、その場のノリで無敵な夜を強行突破しそうになってしまいますからね。

閃乱カグラの場合はそういった混乱要素もなく、スイカは10%、チャンス目は20%という同時当選期待度なので、「なんだよ、スイカかよ」ってこともあまりないんですよ。

フラグ判別も楽で、中白⇒左白で中段テンパイしたらボーナス!
なんと潔いのでしょう。



続いてCZ・ARTの抽選。
これも非常によく考えられている。

レア小役による抽選値は変わらず、低確ならCZ抽選、高確ならART抽選となるのです。


よって内部状態がどうこうと深く考える必要もなく、当たれば嬉しいという単純明快な作り。
ART直撃は当然嬉しいですが、CZはCZで夢があるから侮れない。

CZのシステムを完結に説明すると、完走型のマジカルチャレンジと思って下さい。
BARが揃う度に50~300GのARTを獲得します。

BAR揃いでART当選させたいと思って叩くのは当然ですが、その先があるというのがCZのガッカリ感を払拭しているんですよね。



となると、ARTも語らずにはいられません。
消化ゲーにならず、特化ゾーン待ちにならない、退屈しないゲーム性に仕上がっています。

と言うか、特化ゾーンが存在しないので、自力で作り上げるしかないんですよ。
これが堪らねぇんだ!


閃乱カグラのARTはメイクミラクル。
基本となる飛鳥単独でも全設定共通の抽選となるからこそ、その先を考えることができると思うのです。


同行するキャラによって役割があり、1人同行ならそれを活かす為に叩く、2人同行なら忍RUSHとなりゲーム数減算ストップ+更に伸ばすチャンス。

3人同行は超忍RUSHとなりゲーム数減算ストップ+ぶっ壊しポイント!


雲雀が囚われているという設定なので、それ以外のキャラが登場しますが、それぞれ役割があるからキャラ同行した際は頼もしいし、気持ち込めて叩けるんですよ。


【葛城】
液晶左上が点灯、レア小役で100%上乗せ。

【柳生】
液晶右上が点灯、チェリー高確状態なのでレア役合算が1/4に上昇。

【斑鳩】
液晶右下が点灯、上乗せ時に2段階以上の連閃確定。


これらのキャラ同行をいかに複数同時にできるかで一気に変わってくるんですよ。

一番同行しやすいのは葛城ですが、頻繁に落ちる共通ベルでも6%ちょい引っかかるので、ART中の共通ベルがそれとなく叩きポイントに仕上がっているのです。


囚われの雲雀ちゃんはセリフで状況示唆って感じですかね。
斑鳩同行が30G周期抽選なので、近づいているとかのセリフならちょっとドキドキできます。


で、この全てが合わさった超忍RUSHがどうなるか。

記載した説明で済んでいますが…。
1/4で50G以上乗る状態になるんですよね。


喰霊零でいう殺生石RUSH極の自力ver.といったところでしょうか。
とにかくレバーを叩いて、なんでも良いからレア小役引ければ50G以上の上乗せ。

力が入りまくるというか、自力で手繰り寄せたから逃したくないというか、とにかく瞬間が熱を持っています。

チェリー高確が押し順で管理されているので、保証を過ぎても転落リプレイさえ入賞させなければ、一打50G以上状態が続くのが恐ろしいところ。



後はキャラ萌えっすね。
これ重要。

古くから好き嫌いで派閥が別れるところですが、閃乱カグラは基本巨乳キャラで構成されており、乳袋あり。

この乳袋が賛否両論あるんですが、僕は賛!
というか、大いに賛同する!


キャラ萌えの観点からしても良く落とし込んでいる機種だと思いますが、パチスロとしても非常に良く出来ています。

萌え系が苦手という人もいるでしょうけど、是非とも打ってもらいたい機種のひとつだと自信を持って言えるので、妥協とかの予防線でも構わないので触ってみて欲しい。


あと、ART中に命駆状態とかあるんですかね?

ART中のボーナスが5/5で命駆だったので勘ぐってしまうのですが、勝率50%で勝てば100G以上の状態がART終了時まで続くって相当強いぞ。


オーイズミ広報のSさんに電話してみるかな。