JoH1のボソっと

ボソッと

先日、驚くとともにすごく嬉しいことがありました。
人の記憶に残ることってすごいことなんだなと思ったJoH1のボソりんぐ。

いきなりのパチクル画像ですが、番組再始動とかって話ではありません。
もしそうなったとしても、おぢさんからするような話でもないですし。
画像の番組に過去出させていただいていたことで、新しい出会いがありましたってお話です。

リリース当初からやっている某音ゲーでのこと。このゲーム、機能の一つとしてユーザー間でのショートメッセージを送ることができるんですね。
文字数制限が40文字なので、ほんとに挨拶程度のことしか伝えられないものだと思っていたし、自身もフレンド申請の際に一言添えるくらいにしか使っていなかったんです。

ですが、先日こんなメッセージをいただきました。

「突然すいません。もしかして組長だったりしますか?」

組長というのは、サムネの番組に出させていただいていたときに視聴者の方がつけてくださったあだ名なんですね。
でも、動画のお仕事に関わらなくなってだいぶ経ちますし、くだんの番組自体も休止中のものですから、普通にみなさん自分の名前もあだ名も忘れているだろうと思っていたんですよ。たまーにユーザーさんに呼ばれることはありますけども。

ましてや、パチ・スロ関係ないところで呼ばれるとはまったく思っていなかったので、まぁ驚きました。そして、すごく嬉しくまた感謝の気持ちが湧き上がりました。

そう多く出演させてもらったわけでもない、いち演者の名前を覚えてくれていたんだって。
そして、声をかけてくださったことにもすごく感激してしまいました。

どのゲームをやっていても、基本的にこの「JoH1」という表記を使って遊んでいるんですが、同じハンネを使っているって人もそこそこいたりするんですよね。でもその中で、「あれ?もしかして」と思ってメッセージを送ってくれて、自分に繋がってきてくれたことって小さな奇跡だと思うんですよ。

このボソッとにしてもその番組にしても、拙いながら自分なりにやれることをやっていこうと思ってやらせてもらっていますが、それが誰かに届いている・記憶に残ってくれているってことを、思いもよらないところから教えてもらえた気がしまして。

反面、先日のマスター氏のボソッとじゃないですが、下手なこともできないなと気が引き締まる思いでもあります。

連日報道される不用意な行動や軽率な発言のニュースなどとは比較にならないかもしれませんが、誰がどこで見ていてどう受け止めるかっていうのを意識しないとなぁと。
何かを発信するような、人に見られるような立ち位置にいる以上は、規模の大小や取り扱われ方に関わらず、誰かに影響を与えたり何をしたか覚えられるんだってことを、再度考えさせられる出来事でした。

今後も、HAZUSEでお仕事をさせていただく機会がありがたいことにありそうです。また動画に出させていただけることも、もしかしたらあるかもしれません。
その中で、「いい意味」で誰かの記憶のヒダの端っこにでも引っかかれるように、今年もそして来年もその先も頑張っていこうと思いました。

といったところで、今回のボソッとはここまで!!(-人-)

1+
JoH1

JoH1東京本社

投稿者プロフィール

HAZUSEのバイトさん。
見た目はアレだが、中身は別な方向にアレ……らしい。
最近の悩みは、すくすくと育っている腹回りの駄肉。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジパング

    【ジパング】パチスロの聖地にBLACK LAGOON3電撃導入!

  2. ハズセリサーチ

    【BLACK LAGOON3】タイプ2500を実現した極限スペックをリサーチ!

  3. ハズセ

    【2017年】HAZUSE忘年会【大いに飲みましょう♪】

ページ上部へ戻る