ナイツのボソッと。

ボソッと

12月5日は休日で!

と言う声が聞こえてきました。
ナイツ講釈人。

 

Lineを仕事でも使っているので、PCに入れているのですが、12月5日の午後4時29分に通知が1件来ました。
確認してみると、まさかの号外ニュース
「羽生、史上初の永世七冠」

将棋を知らない人に羽生先生のすごさを説明するとき、有名な一節を書きたいと思います。

——–
A:羽生はどれくらい凄いの?
B:簡単に言うと、日本の将棋界には7つのタイトルがある。
A:うん。
B:過去10年間だと、延べ70人のタイトルホルダーがいるわけだ。
A:うんうん。
B:その70人のうち、半分の35人が羽生だ。
A:( ゚д゚ )
——–

あとはこんな画像。

nights8-1

実際、プロ棋士の9割はタイトルを一個も取れずに引退していく中、羽生先生は現在通算で99回タイトルを取っています。
ちなみに今年一気にその名を知らしめた藤井聡太さんが羽生先生の年齢になるまでに99回タイトルを取るためには、もう今年から毎年3冠づつ取ったとしても、99回のタイトルには届かないんです。まさに偉業。

どこかの誰かが言っていました。

将棋の代名詞、羽生、と。

ちなみに上の画像、よく見ると近年よく出てくる名前が渡辺明。
羽生世代の一つ下、30代中盤の棋士で、現在将棋界最強棋士の一角。
今回その渡辺明先生を倒して永世七冠にたどりついたわけです。

気づけば羽生先生ももう47歳。
普通は30代中盤で気力が衰えるというのに、今回の竜王戦では最新型を駆使しての奪還。

今年の夏~秋にかけて、二つのタイトルを若手に奪われて、竜王戦が始まるまでは
「羽生の時代は終わった」
と揶揄していたネット上での書き込み。
それを完全に払しょくしたようです。

47歳。
まだバリバリの羽生先生。
いつまでも頑張ってほしいですし、僕も見習わないといけませんなぁ。。。

5+

ナイツ東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

数字が大好き、HAZUSEのお父さん2号。最近すっかり負けキャラ。数字も好きだがロマン好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. oizumi ドリームクルーン

    保護中: ドリームクルーン500 開発秘話~その②~

  2. パチンコ桃太郎

    【5月26日】第67回 パチンコ桃太郎オレカナ

  3. 【OIZUMI】ドリームクルーン500 開発秘話 ~その①~

ページ上部へ戻る