TOYのボソッと

久し振りに台の所感を書いて行こうかな。
どうも、TOYです。

先日海面さんとキン肉マンを並び打ちする機会に恵まれました。ちなみに私、キン肉マンのパチスロは非常にどの台も好きで思い入れがあります。そこで今回は前作を振り返りながら、今回打ったパチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~で感じた個人的な所感を記載していきたいと思います。

まずは前作、パチスロ キン肉マン ~キン肉星王位争奪編~

【バトルモード】、【パチンコモード】
2種類の異なるARTを消化出来るという新たな仕組みを搭載した前作。普段はバトルモード一択の私でしたが、あまりに単発が続くので、パチンコモードに切り替えた瞬間に爆連!なんていうのが、私の中でのキン肉マンあるあるでした。演出を見たいバトルモード、相性の良いパチンコモードと、色々考えながらモード選択していたのは良い思い出です♪

ただバトルモード初戦で出てくるマリポーサが、まあ強い。この台の大きな壁として星矢のアルデバランくらいの存在感で出てくるのですが、このマリポーサ・・・原作ではキン肉マンと戦いません。なので初戦バトルの最中に、私は今何を見せられているんだろう?って気持ちになるキン肉マンファンは多かったと思います。

そして先日打った三作目。

初代継承を合言葉に、色々と2作目で言われた不満点を解消した本作。バトルも初代に近い感じ。ちゃんと原作通りの組み合わせで戦ってる。

今回久し振りにしっかりと打ちましたけど、やはりこの台も人を選ぶ台だなと感じました。まず物申したいのは、モード管理の仕様。特殊高確の移行率にモード毎の差を設け、初当たり確率に差をつけているのですが、このゾーン外の期待感がかなり低下していて、正直ゲーム数を消化するだけになってしまっていて一昔前のゾーン機を思い出しました。また(超)天国でも特殊高確で当てられないと、ズルズルゲーム数を引っ張られるので、モード恩恵を受けながら通常時を消化している際にも、何故かストレスが溜まりました。

まあART中のバトルがそこそこ面白いので、通常時なんか気にするな!という気持ちもあるのですが・・・・・初代らしさってどこですか?

8+

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. パーラースター

    【パーラースター】業界人観察日記②

  2. コーシン神田店

    【コーシン神田】パチクル観察日記④

  3. スロットジパング

    【ジパング】近年稀に見る大型入れ替えの裏側を直撃!

ページ上部へ戻る