第182回、183回ハズセ連れ打ち結果報告 水口アネックス

水口アネックス

ハズセのお父さんが久しぶりに連れ打ちリポートをします(・∀・)

ハズセ連れ打ちも、もう突撃回数180回を超えましたっ!
沢山の仲間と一緒に楽しめる連れ打ちは、本当に楽しいものですね♪

連れ打ち会場となるホールも千差万別で、毎回イマジネーションするのが大変です(苦笑)

ノーマルタイプがアツイホールもあれば、エグイART機がメインのホールもある。
少ない参加人数でまったりの平日突撃もあれば、朝一から設置台数以上の入場抽選となる鉄火場状態もある。

ギャンブルである以上、過去と同じパターンは2つとない訳で、その日、その時の状況に応じてイマジネーションし、勝負しなければなりません。

連れ打ちの時だけそのホールへ行き、勝ち組に入るなんて至難の業。
だからこそ、頭をフル回転させイマジネーションしなければならないし、結果、予想が的中した時の”してやったり感”は半端ないですよね(・∀・)

そうそう、

最近、ハズセの回職(ユーザー日記)やブログなんかで「●●ホールって、前はこうじゃなかった」って愚痴ってる人を見かけます。

「@6ねーし」とかね…。

まぁ、それこそ考え方なんて人それぞれだから良いんですけど、一応「ぱちんこ&パチスロを考えるサイト”HAZUSE”」的には、どうかなって思う時も正直あります。

いつもと同じ事が本当に良い事なのか?
そんな単純な立ち回りで勝てるのか?

もちろん、いつ来てもその店のスタイルや魅力を感じる取れる事は大切でしょうけど、
安易に「昔は」「昨日は」って比較するのはどうかなって思ったりもします。

全国稼働データが証明するように、全体稼働そのものが下がっている現状。

昔は20台に2台のお宝も、今の稼働では20台に1台がやっとなのかもしれない。
逆に20台に4台のお宝投入も平気な(出ない)機械性能になったのかもしれない。

ホールが日々研究して出玉率や稼働数アップを目指すように、打ち手も環境に応じた立ち回りで攻める必要があると思うんですよね。

今回の水口アネックス連れ打ち2日間。

残念ながら収支的にはマイナスで終わりました(;_;)
完全にイマジネーション不足。完敗です。

まさに「昔の水口アネックスは」という偏見が裏目に出た結果。

先にお伝えしておくと、店内は2日間とも超高稼働&十分な盛り上がりを魅せていました。

地域最大数の吉宗40台がほぼ終日フル稼働…。

普通に考えると吉宗40台とか無謀って思いません?(; ̄▽ ̄)
近所のホールでは、普通に空き台ありますもん…。

所謂、解析も出てないというこの期間ですから、ホールはやりたい放題なハズ。
仕掛けや出玉をアピール出来る「全台系機種」を作る為に、一番抜いてくる機種と予想していたんです。

しかし・・・。
結果は、店内で一番盛り上がっていたコーナーでした。もちろん出玉も。

同じように北斗転生も危険だろうと予想してたんです。

しかし・・・。
これもモリモリだった訳で…。(; ̄▽ ̄)

確かに朝一、常連様は皆さん吉宗と北斗に走りました。
3台機種とか少数機種コーナーには誰も行かなかったんです。

数ヶ月前の連れ打ちで通用した、少数機種狙いでは無くなっていた…。

月に数回しか訪れない店でも勝つチャンスはある。
でも、何だかんだいって毎日通ってる常連さんが一番有利。

ホールも今の状況を考えたスタイルで客を楽しませ、客は日々変化する状況に応じてイマジネーションし、勝負出来る水口アネッックス。

客もスタッフも、ラーメン屋のおやじも、掃除のおばさんも皆ガチで一生懸命。
凄く良い環境だと思いました。

今回は残念ながら負けたけど、機会があれば是非また参加したいと思います(・∀・)ノ

待ってろよ!KINGっ!

おいらの新潟産65Kを利子付けて返してもらうわっ!ヽ(`Д´#)ノ

参加された皆様お疲れ様でした。

0

がろぱサイト代表

投稿者プロフィール

ハズセ創設者。20年間大工だったという異色の経歴を持つ。職人気質な性格はサイト運営にも生かされ、拘りが強すぎて更新速度が遅くなるのが玉に瑕。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ko-shin6

    【コーシン神田店】お店にとって「高設定を入れる」こととは。そして「設定配分」とは。

  2. jipang-9

    【ジパング】ジパングの歴史を知らないTOYが黄金太郎に聞いてみた②

  3. 【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

    【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

ページ上部へ戻る