第424回ハズセ連れ打ち結果報告 エンジェル蕨

エンジェル蕨

己の「ジャグラー愛」が今試される!!
地域最大級129台ジャグラー設置店に突撃してきたマスタ~であります♪

こんなこと書いたら、朝からジャグラー確保したと思うじゃないですか。
すいません「北斗の拳 強敵」に浮気しました・・・。

言い訳すると、僕も前々日まではジャグラーに向かおうと思ったんです。
しかし、前日の某連れ打ち会場でノーマル機をがっつり打ったんでちょっと疲れてたし、朝9時5分にエンジェルに行くと、とも蛇さんが一番を確保していて、強敵打っちゃうっていったらもう並び打ちするしかないですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

連れ打ちの醍醐味はやはり仲間とワイワイ並び打ちですから♪

後から来た海面さんとつんくんも巻き込んでのユーザーでの強敵占拠達成!

もー心の中では満足してました。
これがダメだったんですね(゜ロ゜)

隣のとも蛇さんの挙動がすこぶるいい感じ♪
見てるだけでも中段チェリーを約1/100で引く半端ないヒキに合わせて初当たりも絶好調。
つんくん脱落~。
海面さん脱落~。
うん、気持ちはすごくすごくわかります。
それほど蛇さんの台は素晴らしかった(゜ロ゜)

僕の方も挙動はそこまで悪い感じではなかったのですが、ほぼ百裂モード(百裂モードとは・・・AT中のバトル勝利選択時、ケンシロウの攻撃が全て必殺技になるとっても偉いモードなのであります)で獲得した1,500枚のコインをほぼ飲ませて終了~。

ここで隣の蛇さんは、いつの間にか設定6濃厚の上乗せバトル時「+331枚」「+60枚」を出現させ、(´∀`*)こんな顔して打ってました。

結局、終日打ち切って7,000枚オーバーの出玉を獲得!
素晴らしい。やっぱ上はしっかりでるなぁ。

とここで、私は放浪の旅でございます。
まぁジャグラー129台もあれば、どこかに当たりはあるはずです。
当たりがなきゃ常連さんつかないはずですから。

朝は20名様ほどのジャグラー打ってた方がお昼過ぎには、約5割に増え、レギュラー確率6超えの台が多数見受けられました。

つまりジャグラー愛が試される勝負に出る時が来たのです!

ミラクルジャグラー、アイムジャグラー7、マイジャグラーⅢと色々打ち、最後に行き着いたのが「ニューアイムジャグラーEX」

打ち始めが総回転1,500のB6R6から最終的には総回転4,500のB22R18まで育てたので、不安なくピカピカ光るジャグラーは素敵♪

こんなジャグラーを朝から一日中打ちたかったなぁ。

お店的には、やはりジャグラー地域最大級の設置台数だけあって、設定6を超える大当たり回数を記録する台が至る所にあったし、地元の常連様っぽい方々がたくさんいらして、みんな楽しそうに打たれているのが印象的でした。

もちろんジャグラーだけじゃないよ!
蛇さんの強敵を筆頭に、転生・黄門ちゃまから5,000枚オーバー、エヴァ槍・バイオ6からは3,000枚オーバーとAT・ARTは少台数ながら力が入っていたように見えました。

ジャグラーコーナーは地域柄なのか、外国人の方もたくさんいらして、大当たりに一喜一憂したり、常連様同士で飲み物あげあったり、スタッフの方々とフレンドリーに話したりと非常にアットホームな環境でした。

こういうパチンコ店久しぶりに見た気がします。
昔のパチンコ店ってこんな感じの憩いの場だった気がします。

勝ち負けももちろん重要ですが、負ける人が多くなるのは、パチンコ店も利益を取らなくてはいけないので、当然のことです。

そこでエンジェルに来て勝ち負けよりもっと大事なものを見た気がします。
こういったアットホームなパチンコ店は末永く残ってほしいですね(´∀`)

そんなわけで心も懐もだいぶ温まったマスタ~でした。

あぁ、大事なことなので言っておきますが、親睦会参加者6名中5名勝利!!
つまり、簡単な店なんじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ

来月も楽しみだね♪

参加された皆様お疲れ様でした~(・∀・)ノシ

0

マスタ~長野支部

投稿者プロフィール

長野支部に常駐になりました。
ハズセレ配信も楽しいですが、やっぱりホールに居たら打ちたくなるのがスロッターの性(゚д゚)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ko-shin6

    【コーシン神田店】お店にとって「高設定を入れる」こととは。そして「設定配分」とは。

  2. jipang-9

    【ジパング】ジパングの歴史を知らないTOYが黄金太郎に聞いてみた②

  3. 【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

    【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

ページ上部へ戻る