第540回ハズセ連れ打ち結果報告 グランドホール西高島平店

グランドホール西高島平店

初担当!しかも平日自由に打てるこの喜び!

マスタ~がグランドホール西高島平の連れ打ちをレポート♪

平日・・・。
一部のお仕事を除いて、一般の方は朝から晩まで仕事をしてるだろう日。
そんななか、朝からパチンコ屋に並んでスロットを打つわけです。

傍から見たら完全に遊びに行っているおっさんです。
優越感は半端ないけどね(‘ω’)ノ

誰もわかってくれなくてもいいんだよ!
わかる人だけわかってくれれば。
実家離れて、俺仕事一生懸命やってるよ、母ちゃん。

とは思うものの、やはり一人で連れ打ちは寂しいもの。
みんなとワイワイ連れ打ちやるからこそ意義がある、誰か平日だけど来て( ゚Д゚)HELP ME~!!

と思ってたら、平日にも関わらず朝から3名の勇者が集まってくれました!
休みだからといって朝から来てくれたJJJさん、わざわざ有給をとって来てくれたグレイスさん、暇人TOYさん、皆に感謝の気持ちです。
これも僕の日頃の行いがいいからでしょう♪
ピクルだったら、ぼっちだったね。間違いない。

突撃ホール「グラホ」は過去の結果ページや編集部の人間に聞くと出玉感はかなりあるらしい。
一度行きたいホールだったので、やっと担当できたって気持ちが強いです。

それこそ連れ打ちが始まった当初、まだ僕が愛知県に住んでいる時も行きたいと思っていましたが日程が合わずに断念した店舗。
いくつもの思いが重なり合ってできた繋がり。

それでは皆で完全勝利狙いますか!?
意気揚々と開店を待ちます。

当日の並びは、約80名。
今までの傾向から、バジリスク絆が強いのと結構全台系が入っているようにみえると。

ここは番号が良ければバジ絆、悪ければ趣味打ちのバーサスと狙いを決めいざ!抽選。

まぁいつものことながらどっちつかずの40番。
とりあえずバジ絆の選択肢は消えました。

となるとここはバーサス狙いに絞りましょう。

入店して一応、店内をぐるっとみてバーサスに着席。

・・・気づいたら、親睦会会場で美味しいお酒飲んでました。

今回も楽しかったなぁ、ちゃんちゃん(^O^)

では、怒られるのでお店の状況を。

何といっても沖ドキでしたね!
打ってないので設定的なものはわからないですが、朝から15台満席スタート。
これだけどとリセット狙いのお客さんも多そうですが驚いたのは、お客さんが粘る!粘る!粘り倒す!!

この姿を見たら、普段からの期待感がかなり高いというのが想像できます。
出玉もきっちり見えてましたからね。

その他は正直どこがあたりかわからなかったです。

バジ絆もお客さんがかなり粘っていたため、ただ出玉が出ていないだけで打ってる方からしたら何かしら確信を持てていた部分があるかもしれません。

わからなかったといってももちろん出玉が出ていないわけではありません。

JJJさん曰くガルパンからは456確定画面が出現。
2台しか設置がなく出現台は約4,000枚オーバー、もう片方は2,000枚オーバーと両方だったのかもしれません。

またバラエティの吉宗極や獣王からも5,000枚オーバーの出玉が飛び出していました。

僕の期待感がでか過ぎたこともあるかもしれませんが、あの稼働ならもっと出来ると思うし、海面氏の話によると普段のグラホはもっと出玉感あると。

設定入れても出ないこともあれば、思ったより打ち込んでくれなかったりすることもあると思います。

相対的に判断し、親睦会で出た結論としては、
「次回に期待しよう!」

一度で良し悪しはわからないこともありますので、無理矢理日程を合わせて判断しようと思います。

次回もいつも通り23日。今回は花金ですね(^^)

今から休みを申請すれば間に合うでしょう♪

お店への期待感が大きいからこそ少しハードルを上げておきます。

ドル箱の山が重なっていく光景を夢みながら、来月までワクワクしながら待ちましょう(‘◇’)ゞ

0

マスタ~長野支部

投稿者プロフィール

長野支部に常駐になりました。
ハズセレ配信も楽しいですが、やっぱりホールに居たら打ちたくなるのがスロッターの性(゚д゚)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ko-shin6

    【コーシン神田店】お店にとって「高設定を入れる」こととは。そして「設定配分」とは。

  2. jipang-9

    【ジパング】ジパングの歴史を知らないTOYが黄金太郎に聞いてみた②

  3. 【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

    【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

ページ上部へ戻る