第695回連れ打ち結果報告 グランドシップ

グランドシップ

変化を感じ取る

第695回連れ打ち結果報告 グランドシップ新基準機を期待感のあるホールで打ってみたい!
そんな気持ちが芽生え始めたTOYが担当しました。

何だかんだで今年最多の連れ打ち突撃回数を誇るグランドシップ
これだけ多く通うと、当然会員カードは作るようになるし、何となくお店のやりたい事や、思いを理解できるのではなんて妄想をしています。

グランドシップといえば、少し前は沖ドキ、番長3、ゴッドと、旧基準機に手厚いイメージがありました。

ただ最近は認定問題も絡んでか新基準機を積極的に導入している様です。
この日の朝の抽選人数は90名程、私の抽選番号は73番。

抽選が終わり、近くの食堂で話す内容は、この再導入機種にチャンスはあるのか?って話題です。

とりあえず台数導入しているまどマギ2にチャンスがあるだろうと、まどマギ2を第1候補に、取れなかったらアクロス島に突撃という完璧な布陣を組みます。

 設定迷子

第695回連れ打ち結果報告 グランドシップ
皆さん、設定判別をする際、やはり小役に設定差があれば数えますよね?私も例に漏れず数えました。

しかもこの日打った機種はまどマギ2という事で、
ユニメモをセットすれば、台が勝手にカウントしてくれます。うーん、便利。

ただこれが全く落ちないんですよ、弱チェリー。
チャンス目Aからの異色ボーナスとか、CZの入りがイイ等の良い要素もそこそこあったのですが、やはり落ちない弱チェリー。

そんなことしていると、左隣の台が通常ART、そして右の南極さんの台も通常ART。
分かった、コイツは全台形なんだろ!?と
心の中で叫びましたね。

後は確率通り小役を引いてくれーーー。
そして気付けば1800ゲームで弱チェリー5回・・。
分かっています、ここまで振り切れたら数えてはいけないという事も。

ただまどマギ2でやれない時は、トコトンだよなと思ってしまうと、少しビビッてしまい、気付いたら席を立っていました。

この時グルっと店内を見てみると、
沖ドキ、凱旋が頭一つ抜けてる出玉感、そしてバラエティーも盛り上がっている様子でした。

昼からでも立ち回りで勝利を目指す!

第695回連れ打ち結果報告 グランドシップお昼を食べて店内を一周してみると、稼働は7割程。
出玉感としては、沖ドキ、凱旋が頭1つ抜けている印象、ただこの2機種にも空き台はありました。

そしてこれらの機種に爆発力は劣るものの、最近導入された地獄少女バジリスク3にも空き台がありました。ここで私は選択を迫られます。

出玉感につられて、凱旋、沖ドキを攻めるのか。
それともまだ見ぬお宝台を求めて新基準機にアタックするのか。
結局この日、私は後者を選びました。
そして難なく勝利しました。

その決め手は。やはり店内の観察力です。

この日私が打った機種は、バジリスク3だったのですが、私がこの機種が置いてある島を観察した所
6台中3台が稼働していて、その全てが箱を使っていました。
中々まとまった出玉を取り辛いバジリスク3でのこの状況に違和感を感じ、座った所しっかりと結果が出たという感じです。

今日という日を振り返ると・・・

第695回連れ打ち結果報告 グランドシップ今回の親睦会会場は豊洲駅近くにある『温野菜』へ。もうすっかり寒くなってきたので、
そうなると鍋ですよね。

当日のHAZUSEユーザーの勝率は7割ほど。
親睦会では今回の連れ打ちは、旧基準機より新基準機に力を入れていたのでは?なんて意見を多く耳にしました。自身が打ったバジリスク3も島単位で良い感じ。

ユーザーが朝イチ狙ったまどマギ2も、通常ARTに入った台も複数ありました。そして島単位の差枚を見るとプラス差枚の台が多い。こりゃ匂うぜ。
そんな島に辿り着きながら、途中で席を立った私はまだまだ修行が足りませんね。

ただ旧基準機も凱旋や沖ドキは島単位でしっかりと出玉を持っていたので、今回の連れ打ちは何かテーマがあったのかなと感じ取れる連れ打ち回でした。

参加された皆さん、お疲れ様でした!

1+

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジパング

    【ジパング】パチスロの聖地にBLACK LAGOON3電撃導入!

  2. ハズセリサーチ

    【BLACK LAGOON3】タイプ2500を実現した極限スペックをリサーチ!

  3. ハズセ

    【2017年】HAZUSE忘年会【大いに飲みましょう♪】

ページ上部へ戻る