第707回連れ打ち結果報告 ジャパン二ューアルファJENEX

第707回ハズセ連れ打ち ジャパン二ューアルファJENEX

今年の運気やいかに!?

第707回連れ打ち結果報告 ジャパン二ューアルファJENEX

年始め、願掛けも込めて初打ちに一喜一憂する時期ですね。どうも、JoH1です。

2018年1発目の連れ打ちでございます。

パチ・スロバカの自分も御多分に洩れず、三が日中は毎日ホールに通ったわけですが、戦績は上々。こりゃあ幸先良いねと、良い気分で臨んだ今回の連れ打ち。

ただ、何度か連れ打ちは行われているものの、何ぶん自身は初めて行くお店さん。なので、このお店の先輩ユーザーさんたちに助言をもらいつつ、今年も連れ打ち収支プラスを狙いますよ!!

朝の並びは100人over。初連れ打ち時からこっち、ジワジワとお客さんの数が増えているようですね。期待感があるから人が来るんだなって、こちらも期待してしまいますねこれは。まぁ反面、ライバルも増えているわけで、朝の抽選と台選びは大切になってきます。

そんな中自分が引いた番号は16番!!これなら選べる!!

そして、自分が選んだ機種は……。

メイン機種はやはり人気

第707回連れ打ち結果報告 ジャパン二ューアルファJENEX朝一は、2階はバジリスク絆やまどかマギカ初代&2、1階ではアクロス系の機種と番長3辺りの、いわゆるメイン・メジャー機種の埋まりが早かったですね。

台数もしっかりと抱えていますし、出玉や純粋な台の面白さなど、人気機種はそうなるだけの理由があり、お店さんもそこでお客さんの期待に応えるのが正道といえば正道。

そして、朝一きっちり稼働が付いているってのは、台の力だけでは無理なのも閑古鳥が鳴いているようなお店で証明されています。メイン機種は、お店さんとお客さんの間に、良い関係性が出来上がってるみたいですね。

そんな中、良番を引いた自分はどこにいたかっていうとですね。まどかマギカはまどかマギカでも、まどかマギカAに吸い寄せられてしまいました…。昨年末からこっち、ハマリにハマりまくっているこの機種を打ちたい欲に負けてしまいましたね。

過去の履歴や島配置などを見て、「今日は」ここではないよねぇとか、ユーザーさんたちと散々会議したはずなのに。1階の一部を除けばほぼフル稼働になっていたため、この台でDead or Aliveの覚悟で、でも横にユーザーさんが来てくれたので楽しく打ち始めました。

まぁここまで書いたら、読んでる人にはどうなったかはお察しかと思いますけどね。

荒ぶるメイン機種たちの出玉

第707回連れ打ち結果報告 ジャパン二ューアルファJENEXはい、ということでね。予想通りの万策尽きた状態でお昼を迎えました。

幸いにも投資がそこまで伸びず、また出玉もチャラ線ラインで持っていたため、無理をしてまどAを攻めるよりも、別にチャンスを探そうとしばし徘徊。

一通り店内を見て回ると、まぁ稼働が高い!

2スロ20スロ関係なく、ホントに空き台が少ない状態でした。空き台も空き台になる理由がわかる履歴で、ちょっと攻めにくい…。そして、出ている台がホントにとことん出始めていました。

朝のチョイスミスったなぁという後悔とともに、これはレストスペース待機の持久戦かなと思いつつフラついていると、神からの導きの声がありました。お昼休憩時、戦国コレクション2を打っていた某ユーザーさんが「もしかしたら戦コレ2台ともあるかも」と話されていた片方が空いている!!迷うことなく台を確保し、並び打ちアゲイン。

打ち込みが足りず分からないことが多々ある機種ですが、隣にはHAZUSEのユーザーさん。愛のある機種のことは、良いところも悪いところも熟知している人が多いので、並びで打てれば楽しいし勉強になります。

お隣の尋常じゃないペースで入る鬼ヶ島チャレンジと世界制覇に触発されたのか、自分の台も上乗せや特化ゾーンがうまいことつながり、また俗に言う「2000枚モード」に入ったのか、天国ループが止まらない♪

はたと気づけば、2000枚を超える出玉とそれ以上の充実感を持って、親睦会の時間を迎えることができました。

突き抜けた出玉が印象的

第707回連れ打ち結果報告 ジャパン二ューアルファJENEXさてさて、連れ打ちあとは楽しい親睦会です。

今回のユーザーさんたちの勝率は6-7割ほどでした。稼働が高かった分、移動ができずに突っ込みすぎたという人もいました。逆に、中間設定は望めるからと折れずに頑張って勝ちに持っていけている人もいましたね。

全体としては、2階の期待感・出玉感がこの日は高かったように思います。

ただ、前日などの履歴から、1階のノーマル機種も手を抜いているということはなさそうですし、日によって「今日はどこを攻めよう」と考える楽しみもあるように感じました。

まぁ、何より印象に残ったのは別積みですけどね。台の特性ももちろんあるんでしょうが、久しぶりにあんなにたくさん別積みが出ている様子を目にしましたもの。あれを見てしまうと、次は少し荒い機種でも攻めてみようかなぁとか思ってしまいますね。

換金ギャップのことを気にして台移動が軽々にできない…というジレンマを抱えて打つことが多い中、そこを気にせず打てる環境。お店の状況をしっかりと把握すれば、ノーマル機種でも勝負ができそうな雰囲気や履歴。そしてあの強烈な出玉の魅せ方。

偉そうになってしまいますが、個人的にはこのお店さん、アリです。台の好き嫌いや、パチ・スロに何を求めるかにもよると思いますけどね。

とりま、戦コレに導いてくれた某ユーザーさんに感謝♪

そして、次回来るときは、朝から2階を攻めて出玉に埋もれてみようなどど妄想しつつ、今回のレポートを終わらせていただきます。

 

1+
JoH1

JoH1東京本社

投稿者プロフィール

HAZUSEのバイトさん。
見た目はアレだが、中身は別な方向にアレ……らしい。
最近の悩みは、すくすくと育っている腹回りの駄肉。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ko-shin6

    【コーシン神田店】お店にとって「高設定を入れる」こととは。そして「設定配分」とは。

  2. jipang-9

    【ジパング】ジパングの歴史を知らないTOYが黄金太郎に聞いてみた②

  3. 【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

    【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年3月)

ページ上部へ戻る