玄之のボソッと

ボソッと

約9年ぶりの新作。
短いようで長かったなぁと感じる玄之がボソボソ…。

 
ゲームのお話。
ピンと来た方もいるかと思います。

その名は「絶体絶命都市4」。
11/22に発売されたばかりのPS4タイトルでございます。

元はと言えば、2011年春には販売される予定だったのですが、2011年3月14日に発売中止+過去3作品の生産も中止になるという事態に。
当初は同年3月11日に発生した東日本大震災の影響とされていましたが、公式では開発に関して当時の販売会社(アイレム)といざこざがあったとかどうとか。
まぁ、本当のところの経緯は当事者しかわからないでしょうし不明なのですがね(;´∀`)

ちょっと余談なのですが、このアイレムという会社とても好きなのですよ。
かの昔、PS3に搭載されていたPlayStation Home(PSHOME)という仮想空間で(個人的に)一斉を風靡した会社。
PSHOMEというのは簡単にいうと、自身のアバターを作成し、リアルタイムに他の利用者と会話したり、自分の部屋を改装したり、ショッピングしたり、ゲームしたり…。

本当に色褪せる事のない神サービスだったんですけどねぇ。
今あっても100、いや1000%流行ると思います!

って、だいぶ話が逸れたので戻しましょうか。

「絶体絶命都市」とは、震災で崩壊した都市から脱出するアクションアドベンチャーゲーム。
震災で崩壊した都市から、取り残された人々と協力して脱出することを目的としているのですが、これが非常にリアルなのですよね。

この作品を販売したグランゼーラは「世界一の都市災害体験シミュレーター」と銘打っており、実際の災害を想定したあらゆる部分が生々しく作られているんです。

いつどこで起こるか分からない災害。
備えあれば憂いなしとは言いますが、実際に経験しないと分からないことが異常なほど多いはず。
そんな備えの一つとしてこのゲームを販売したのかなと思います。

とは言っても、ゲームですから。
笑えたり、遊び心があるポイントも勿論搭載。
むしろ、そこがグランゼーラ(元はアイレム)の売りですからね(‘ω’)b

まぁ、最後は特に関係ありませんが、学べることが非常に多い作品だと思います。

災害とは常に隣合わせ。
ここで得た知識が役に立つ日がいつか来ても不思議じゃないですからね、本当に。

是非、機会(機械)があれば購入してみてください。
(JUNさんみたいな事言ってしまった…)

1+
玄之

玄之東京本社

投稿者プロフィール

最底辺の自由人。
名前は「くろの」と言います。
広く浅くをモットーに今日も元気にボーっとする毎日を過ごしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ話(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

  2. コーシン神田店

    【コーシン神田店】長期休暇中ホール事情と今後に向けた機械設置

  3. JoH1の制御模索日記(SLOT魔法少女まどか☆マギカA編)

ページ上部へ戻る