玄之のボソッと

ボソッと

色鮮やかな赤紫色。
奇跡の野菜「ビーツ」と出会った玄之がボソボソ…。

 
とんでもねぇ色してるだろ…。
これ、食べれるんだぜ…。

まとめキッチンでも今話題(?)となっている「成美のらぶりぃピンクカレー」。
これに使用されているのが、ビーツと呼ばれている野菜。

正直、聞いたことはあったものの見るのは初めてでした。

日本料理ではあまり使用される野菜ではないので、知らなければ食べたことない人も多いはず。

このビーツを使った代表的な料理のひとつは、ロシア料理の「ボルシチ」。
これだったら口にした事ある人も多いでしょうね(‘ω’)

ビーツは、地中海沿岸地方原産のアカザ科のサトウダイコンの一種とのこと。
故に根菜であり、ビタミン・鉄・食物繊維・ミネラルと栄養価が非常に豊富で「飲む血液」と呼ばれている(らしい)。

確かに、パッと見はどう見てもさくら大根にしか見えませんね。
甘味と酸味がベストマッチした、あの駄菓子のソレに近い。

しかし、意外なことにホウレン草と同じ科に属するという驚愕の事実…。
ちなみに和名では、火焔菜(カエンサイ)って呼ばれているみたいですよ。

これで皆さんも、またひとつビーツに詳しくなりましたね(`・ω・´)b

そんな見た目はともかく、味はどうなのかと。

ゆうてダイコンだし、色的に甘味か酸味があるんだろう(さくら大根感)と。
そう確信していたのですが、口の中に飛び込んできたのは土・土・土。

うーん、積極的に食べたいなーとは思えないお味(´-ω-`)
長野県という大自然の中で育った僕のお口には合わないようです…。

実はビーツには特有の土臭さがあるみたい。
生ビーツを使用する際には、ちゃーんと下処理をしないと美味しく食べられないんですって。

しかし、最近は便利なことにスーパーなどで下処理されたものが缶詰で売られているのですよ!
健康に非常に良いようですし、欲しい方はぜひ探してみてください!

 
はてさて。
肝心の売れ行きはと言いますと…。

意外や意外。
物珍しさからなのか、成美さんパワーなのかそこそこ好調な滑り出し。

ただ、僕だったら他のカレーをオススm…

 
おや、誰か来たようだ。
今回はこの辺りで(‘ω’)ノ

このボソッとは玄之個人の感想です。
カレーは普通に美味しいので是非ご賞味あれ!(せいや店長談)

0
玄之

玄之東京本社

投稿者プロフィール

最底辺の自由人。
名前は「くろの」と言います。
広く浅くをモットーに今日も元気にボーっとする毎日を過ごしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. コーシン神田店

    【コーシン神田店】相次ぐ規則改正の中で…ホール運営の今と未来

  2. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ話(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

  3. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ実戦(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

ページ上部へ戻る