JoH1のボソッと

ガメラ打つ打つ詐欺継続中。
程よい場所に導入が無くて違う台打ってるJoH1のボソッと。

打ちたい気持ちはとてもある。
だが、足を伸ばすには気力が足りませんのよ。

ということで、別の新台でお茶を濁してみました…なノーゲームノーライフ、略してノゲノラです。

先日の日曜に、某所にて某氏との連れ打ち中に視界の端にずっとあって気になってしまったもので試し打ちしてみました。

原作は、アニメのみ視聴。OPのThis gameが超名曲なのと、声優の茅野さんが幼女役やってたって記憶しかございませぬ(失礼)。割と面白がって見ていた記憶はあるんだけどな……。
まぁ、原作云々は知らなくとも、スロットルとして面白ければそれで良しなのだ。未だにまどかもTV映画ともにちゃんと見てないけど、楽しく打ててますし(白目

んでまぁ、ノゲノラですが。

失礼な例え方になってしまうかもなんですが、初打ちの感想としては「まったりリゼロ」といった印象。
通常時は主にスイカからか、小役成立毎にもらえるポイント貯めてのCZを目指し、CZ成功でジャッジバトル…的な感じかな?毎度のことながら、予備知識ゼロでどこまで掘れるかってのも見たいので、調べていません(苦笑)。細かいところ間違ってたらすみません。

「まったり」と言う表現なのは、G数天井を目指すという感じではなく、CZをしっかり射止められればATには行けるかな…とう感触があったから。好き嫌いはあるんでしょうけれど、自分は〇〇Gまではひたすら投資しろシステムはいまいち肌に合わないので、その点ではリゼロよりも触りやすいかなぁと感じましたね。

ジャッジバトル突入の仕様も、デッドオアアライブの割り切り仕様と、とりあえずチャンスは確実にもらえるようになる仕様の選択をさせてもらえるのも、個人的にはありよりのあり。この辺は黄門ちゃま感。

ATが枚数管理なため、スタートで枚数を稼げていないとロングATを取れないのは仕方ない部分ですね。それに、初打ちではさすがに入らなかったものの「バグモード」からのATはG数管理に変化するってのは面白い試みだと思うし、1度は経験してみたいかなと。

あとは枚数取るには、良くも悪くもスタート段階で「十の盟約」に行くか行かないか次第なところはあるのかなと。やっぱり、100枚そこらだと何もできないまま駆け抜けちゃいますからね…。

…と、台の固有名称出してもなんのこっちゃですよね。
詳しくはこちらをご参照いただければと。

まぁ、あれこれ書きましたが、とりあえずもう何回かは打ってみたいなと思える台でした。上にも書いた通り、バグモードは経験してみたいし、出目ももう少し調べてみたいところもあるので。あ、中押しはあまりオススメできないかなぁ。ちょっと出目やCZでの期待感が死んでしまうかも…。次打つ時は逆押し試してみます。何か成果があったらご報告しますね!

といったところで、今回のボソッとはここまで!

1+

JoH1東京本社

投稿者プロフィール

HAZUSEのバイトさん。
見た目はアレだが、中身は別な方向にアレ……らしい。
最近の悩みは、すくすくと育っている腹回りの駄肉。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    マスタ~のボソッと

  2. ボソッと

    はばきのボソッと

  3. ボソッと。

    狐のボソッと。

ページ上部へ戻る