JoH1のボソッと

棒棒棒棒棒棒棒してきたJoH1のボソッと。

11月11日、ポッキーの日だいやプリッツの日だ…と、記念日が多く重なる日。うまい棒の日でもあるこの日に初実戦することができました!

いやね、月末までは無理しないなどと前回書いたものの、打ちたい熱が上がってくるとソワソワしちゃうじゃないですか?そんな時に、たまたま早く仕事が終わったら、様子見だけでも…なんてお店に足を運んじゃうじゃないですか?

まぁそれでも、ゾロ目の日だわうまい棒の日だわだから、お客さんいっぱいだろうし空いてないだろうなって。チラ見してタバコ吸って、大人しくお家に帰る…までが想定してた流れだったんです。

が。

ガラガラやんけ!

しかもうまい棒空いてるやんけ!!

まぁ座りますよね(苦笑)。んでまぁ、晴れて初打ちと相なったわけです。

打った感想、ちゃんと当たりまで取れた感想としましては、面白い!…けどキツいという印象でしたね。

ひと当たりで、ざっくり7000発は取れる仕様なだけはあり、サクサクと当たった時の瞬発力は相当なもの。自分も低投資で運良く当たりを取れ、保留チャンスも3回→追いかけたら持ち玉半分ほど入れたところで再度当たりを取れて、こちらは保留チャンス2回を貰え、サクッと万発オーバー。

チープな作り(褒め言葉)とは裏腹なパンチ力は、ワンチャン夢見るのには十分なものかと思えました。

反面、この瞬発力があるが故に、釘をキツめに使っているところが多いんだろうなぁと。短時間稼働ながら、役物に玉が流れていかない時間が相当数ありましたもの(苦笑)。

それプラス、役物自体がかなりエグいですね。釘キツいってのもあったけれど、1回抽選を受けるまでに1000発とか飲まれた時は震えました。特に回転体、Vの受け口だけ【∩】じゃなくて【Ω】型になってるので、拾いそうなタイミングで蹴っていくのヤバい。中々辿り着かない最後の関門がこの形で全力で拒んでくる様は、投資が嵩んでる時は痺れそうだなと思いました。

でも、総じて面白い。釘模様がそれなりなら、金額決めて、例えば1万円ワンチャンとかやりたいなと。あのチープな液晶とアニメーション(褒め言葉)と、自社コンテンツの替え歌サウンドは癖になりますね。あとうまみちゃんカワイイ。玉座の足組みは、それだけで5000円は使っても良い出来でした(笑)。

といったところで、今回のボソッとはここまで!(-人-)

JoH1東京本社

投稿者プロフィール

HAZUSEのバイトさん。
見た目はアレだが、中身は別な方向にアレ……らしい。
最近の悩みは、すくすくと育っている腹回りの駄肉。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. rintaro_106

    りんたろーのボソッと

  2. JoH1のボソッと

  3. ボソッと

    玄之のボソッと

ページ上部へ戻る