JoH1のボソッと

ボソッと

RE:ゼロ2戦目にしてフリーズを引きました。
シャッターも落としたいと思ってしまったJoH1のボソッと。

一瞬で勝負が決まる爽快感は、人気なのも頷かざるを得ない出来ですね。
音といい、レバーにかかる気持ちといい、まぁホントに良くできた台だと思いますわ。
あ、因みにワタクシはレムたん派ではなく姉様ラムたん派です。

このフリーズを引いた日は白鯨ハンターJoH1だったらしく、51%だろうが関係なく鯨さんをなぎ倒し、2時間ちょいの稼働で3000枚overのお持ち帰りができました。投資も少なく快勝できたんだから、そりゃあ気分はいい・・・と思いきや、実はそれほどでもなかったりするんですな。

勝てたのは嬉しい。
フリーズ引けたのもすごく嬉しい。

ただ、ホントに良くできた台だとは思うものの、自分の「好きすぎて毎日でも打ちたい」種類の台ではないかなぁと。
これは、バジ絆とかもそう。圧倒的支持があり、台の出来も良いと思えるんですよ?どこが受けてるかも明確に分かるし、それが今の打ち手の好みとも合致してますしね。

でもね、一番打つ時間が長い通常時がダレるんですわ(汗

それはどの台だってそうだろうってツッコミもあるかと思うんですが、当たるまでの過程で、良い意味での裏切りがあんまりにも少なくて・・・。
スマホ片手に・・・ってのが理解できる(心で納得はできないけど)ほど、全てが ありorなし でメリハリが効きすぎているように感じてしまうんですよ。まぁ、台の仕様なんかを考えるとこうなるのはしょうがないんだろうし、むしろそこを犠牲にしたからこそハマった一瞬が最高に気持ち良いんでしょうけど。

以前にも書きましたが、自分の思う【スロットル】はリールがメイン。演出やその他は、出目を活かすためのアクセントって、古い考えの人なので、余計にダレるんでしょうね。

とはいえ、じゃあもう打たないかと聞かれれば打つんですけども。
【スロットル】も今のスロットも、一長一短。それぞれ楽しみ方は違いますし、良いところもそれぞれにある。

ディスクみたいな台が好きで好きで好きですけど、そういう台しか認めないなんて偏屈なことは言わないし、むしろそうなったら今の台を楽しんでいる人たちはつまらなくなっちゃいますからね。

多様性と、その多様なものをそれぞれに楽しめる柔軟性。
以前からのことではあるけれど、日に日に「古い打ち手」になってきているからこそ、自分の中で、今のものの良さってのを見つけていかねばと思いました。

といったところで、今回のボソッとはここまで!(-人-)

0

JoH1東京本社

投稿者プロフィール

HAZUSEのバイトさん。
見た目はアレだが、中身は別な方向にアレ……らしい。
最近の悩みは、すくすくと育っている腹回りの駄肉。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    狐のボソッと。

  2. rintaro-74

    りんたろーのボソッと

  3. JoH1のボソッと

ページ上部へ戻る