JoH1のボソッと

ボソッと

いいことも悪いことも楽しめる心の余裕が欲しいですね。
どんなことも気の持ちようだと思うようにしたいJoH1のボソッと。

先日のマスタ〜氏のボソッとではないんですが、地獄のような投資をしてしまってからの、ガングロシンディさんとの邂逅が今回のアイキャッチです。まぁ、結果までマスタ〜氏のようには行かず、爆死は爆死だったんですが。

基本的に荒い機種を好んでは打たない自分ですから、投資もおのずと抑えめ・・・。コイン持ちが良い台や、ボーナス確率がそれなりに軽い台などが主に触る機種なわけです。そして普段であれば、無理と思ったら早々に引いてしまうことが多々あるんですが(お財布事情的に無理ができないってのもありますし)、年に何度か引き際を間違えてしまうこともあります。

この日がまさにそれで、仕事終わりに何の当てもなくふらりと行ったお店で、良いとこ無しのノーヒットですっ転びまして。
で、よせばいいのにれっつごーATMまでしてしまったものだから、もう目も当てられない・・・。

そもそも、特に打てそうな台がない時点で帰るという選択をできてなかったところで、負けフラグはビンビンに立っていたんですけどね。

ただ、こういうやらかしてしまった日のことって、けっこう引きずっちゃったりするじゃないですか。この日で言えば、手も足も出ないまま、ホントに良いところなんてこのシンディさんと会えたことだけ。くそくそのくそな1日。こんなん、昔々の今よりもボンのクラだったころの自分であれば、しばらくは不機嫌になったり、後悔と不安で気もそぞろになってたりしてたんじゃないかなぁと。

でも、くっそ負けたことに対する後悔と反省はあるにしろ、思いの外イラつきや不満は出なくなったことに少し自分の成長を感じられていたりもします。まぁ、負けるべくして負けたよなぁと苦笑い。

カッカしてるときほど冷静に・・・ってのは、いつどこで学ばせてもらい、自分の指針のようになったのか。はっきりとは憶えていませんが、冷静に・悪い状況もきちんと見て出来るのならそれも含めて楽しもうという考え方は、何気に今の自分を支えてくれる芯の1つ。

やっちまったこと、起こってしまったことに対して感情的になるのは簡単だし、ひと波越えてしまえばすっきりは出来るんですが、それはそこ止まりになっちゃうんですよね、やっぱり。でも、そこで人生終わりになるわけじゃなし。次に繋げなきゃどこまでいったっていつか同じことを繰り返しちゃうわけで。

何をするのでも、どんなことに触れたのでも、その一側面だけで「分かった気になる」と、ホントのホントの部分や楽しい部分を見逃してしまったり、同じしくじりをして、その責任を外に求めたりしてしまいがちになる・・・とか思ってるんですよ。

そんなことを、今回のやらかしで久しぶりに思い出すことができました。

「自分にとって」悪いこと=そのことそのものが悪である

こういう脊髄反射的な感情の表現を目にすることが多くありますが、それだけで自己完結することの怖さやもったいなさを忘れないようにしないと・・・とか。楽しむ努力を忘れないようにしつつ、そして堅実に稼働しつつ(苦笑)今年を無事終えられるように頑張ります。

といったところで、今回のボソッとはここまで!!(-人-)

0

JoH1東京本社

投稿者プロフィール

HAZUSEのバイトさん。
見た目はアレだが、中身は別な方向にアレ……らしい。
最近の悩みは、すくすくと育っている腹回りの駄肉。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    狐のボソッと。

  2. rintaro-74

    りんたろーのボソッと

  3. JoH1のボソッと

ページ上部へ戻る