狐のボソッと。

ボソッと

増やし方は分かるんだけど実行できないコン吉のボソボソ。

アイドルのプロデューサー業って難しいですね。
以前のボソッとで設定2以外を打ってみたいなんて書きましたが、まさか設定1以外を打てるとは思いませんでした。

旧特定日でまどマギ2や絶対衝激Ⅲやらを趣味と実益兼ねて掘っていましたが、途中から自分で入るための穴を掘っていると気付いて移動。

その先がサムネのミリシタだったのですが、移動した理由もほぼ回っていないからワンチャンあるかな?程度の軽いもの。

打ち始めてすぐにポコポコっとスイカが揃ったので、嫌な記憶の残る設定2じゃなさそうだなって安堵していた訳ですが、まさか設定使っているなんて思ってもみなかったので嬉しい誤算ですよ。
バラエティにある1台でしたし、こういうところにこっそり入れてくるって分かると養分思考の自分としては通いたくなっちゃうんですよね。

して、このミリシタ。
初打ちのころと違って今では色々と情報も出揃ったかなといったところですが、中々に自力が試される中身だったので、今では結構好きな部類になっています。

当初感じていた劇場ライブのデキレ感もセットリストによるものでしたし、アンコールモードの自力感も良い塩梅。

オンエアーゾーンの補償区間中はフリーズ確率250倍&カットイン発生で揃い確定とレバーに力が入るところも用意されているんですよね。

AT中もサポート4枚でMB当選すればBBへの昇格が確定するので、準備中に3枚貯めてスタートから5ゲーム間でMB2回引けば良いだけですし。
まぁ、3枚以下でスタートしたときの駆け抜け感も凄かったりしますけど。

属性BBは加算スコアが多いのでAランク以上も現実的になってくるし、まずは最初の13人集めようって気持ちになれます。

ただMB引けない時のストレス具合も中々のもの。
元々の当選率が高いため、30ゲームくらい何もないとホントイライラするというか、駆け抜けていく虚無感が凄いっす。
スカしまくると高確中のリプレイ60%って嘘じゃないのかって思えてきますよ。

ブーストはもちろん、未だに一撃1000枚も達成できていないので、もしかしたら苦手な機種なのかもしれません。
それでも打っていて楽しい機種なので、今後もちょくちょく打ち込んでいこうかなと思っております。

自力感のある内部設計というのがもう少し早く出回れば多少は稼働も維持できたんじゃないかと思うので、情報の出し方も難しいなと考えさせられます。

見た目もタイアップ的にも思いっきりヲタ狙いですが、中身はしっかりパチスロしているので、敬遠していた方は情報頭に入れて打ってみてください。
結構印象変わるんじゃないかと思いますよ!

1+

東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

ハズセ編集部のヒキ弱担当。
パチスロの出し方は知っているけど、実戦出来ない。
好きな言葉は乗せボ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    マスタ~のボソッと

  2. ボソッと

    はばきのボソッと

  3. ボソッと。

    狐のボソッと。

ページ上部へ戻る