狐のボソッと。

ボッソと

最高だーーー!WUGちゃーーーん!
太田さんと気持ちを通じ合わせたコン吉がボソボソ。

いやはや、ようやっと初打ちを済ませることができました。

長野県の導入件数は僅か20件(ピーワ調べ)で、そのうち自分の生活県内での導入はゼロ(APULO系列は入っているけど打てない)という始末。

WUGの導入見送るとかセンスないわー、コン吉が店長ならトップ導入確実だわー。
と嘆きつつ、車で高速乗って片道1時間掛けて打ちに行ってきましたよっと。

この日は長野ユーザーさんとの連れ打ちってことで、自分がWUG打つ予定と伝えたところ付き合ってくれました。
並んでワイワイ打てたというのもありますが、初打ちの感触はかなり良かったですね。

下手な液晶機よりもうるさいと評判の非液晶機、もとい中身を理解すればスルメ要素たっぷりと評判のミルキィホームズのシステムをめっちゃ分かりやすくし、打ち手に状況把握してもらうよう改善したのが一番のポイントかな。

4号機のシェイクもあまり理解されていなかったけど、機械割落としてでも分かりやすく仕上げた吉宗の方がヒットしましたからね。
何が起きているか、何をすればいいのか分かりやすいというのは非常に大事な部分であります。

通常時は大きく分けて2種類のCZから当たりを目指していく形になります。
ひとつは「アイドルの祭典」で地方予選(期待度低)と決勝戦(期待度高)の2パターンありますが、どちらも優勝すればアリーナルーレット当選となります。
決勝戦は当選期待度が高いだけでなく、消化中の確定フリーズ発生率も1/99になっているので叩きがいがありますね。
あと、地方予選のナマハゲーズのセリフが個人的に好き過ぎる。

もうひとつが「WUGチャレンジ」でミルキィを分かりやすく表現したらこうなりました的な楽しいCZになっております。
これがまぁ自力感あって叩きがいがあるんすよ。

まず無条件で突破となるのは55G消化 or 2択チャレンジ5回挑戦 or アイコン全獲得となりますが、どれも条件としては厳しめ。
なので、正攻法での突破を目指してきますが、2択チャレンジは最低3回受けられて2択に正解しないとアイコン(クリア対応役)も自力抽選も受けれません。
ただ2択ナビをしてくれる金星が付いてくるので、突入すれば1回は自力抽選を受けられます。

で、ここに至るまでの過程も楽しいというか、消化中は2択チャレンジが発生しなければ下のメーターが貯まっていって、20pt到達で何らかしらの報酬がもらえるんですが、ここの報酬にSPアイコンだったり、2択ナビ発生や2択ナビチャレンジ回数増加があるので、いかに報酬貰いつつ2択チャレンジ発生させるかというのがポイント。

で、2択正解したら次ゲームでアイコン対応の成立役を引ければAT当選となります。
SPはハズレで当選(1/1.8)となるので別格に強いですが、リプレイやベルも現実的な確率なので、ここらのアイコンを獲得できているかが重要。

見せ方も中々良く、ウエイト溶けた瞬間に対応した押し順ナビが発生したりとか、左・右とリプレイアイコン持っていて中ナビ発生⇒ゼロ殺かと思いきやリプレイとか、サプライズも忘れていないんですよね。

して、AT関連ですが、まずはアリーナルーレットで当選ATの告知となりますが、ごめんねランクが一番下でも約1/3でWUGLIVE当選となるので、思っている以上にメインATへ当選する印象。
その分、高ランクでWUB引いた時のショックはデカそうです。

WUGLIVEは獲得期待値約650枚とそこそこまとまった出玉を獲得できる設計で、疑似ボーナス⇒約10Gの引き戻しを繰り返しながら出玉を獲得していきますが、ここで重要なのがシナリオ。

連チャンするたびに北斗七星の左側から1コマ進んでいきますが、緑星は期待度80%以上なので、いかに緑星が多いシナリオを引けるかというのがひとつ。
そしてボルテージMAXになりそうな4連目あたりは白星だと個人的にはやれる感アップですね。

疑似ボーナス中はボルテージやレア小役で次回アンコールが必ず成功するアンコールSPの抽選をしているので、いかに白星でSP使って7連目を目指していくかとなるんですが、ちょっと先のことを考えながら打てるのが楽しいんすよ。

例えば1個先が緑星、2個先が白星で、BIGを引いたときにボルテージが残り10個くらいでMAXになるとかだと、普通に消化して緑星でSPを使うよりはJACパシパシっと入れて(これも運だけど)、緑星で引いたボーナスをしっかり消化して白星をSPで書き換えるとウマー!みたいな戦略を立てられるのが良いっすね。

技術介入&知識介入あってフル攻略みたいな、運も絡んでくるけど状況によって自分なりに取捨選択できるのがパチスロ打っている要素にもなっているなって思うんですよ。

ボッソと
それと基本的にアンコールで告知が入る時って太田さんが叫ぶ訳ですが、こんな感じで中の人とのタッチ告知が入ると次回アンコールでの引き戻しが確定するので、こういった部分も先を考えられる楽しみになっています。

ちなみにこちらのタッチ演出はコン吉の推しである田中美海ことみにゃみです。
WUGであれば黄色の娘なんですが、感情豊かな限界オタクって感じで非常に好感が持てますので気になる方は調べてみてください。
ラジオのトークも面白いですよ!

ちなみのちなみなんですが、基本告知してくれる大田さんの中の人は下野さんであります。
鬼滅の善逸ですが、営業トークで鬼滅のなんちゃらって特に出ていなかった模様。
少しでも売りに行こうという姿勢が見られないあたり、逆に好感が持ててしまうのはなぜだろうか。

こんな感じで先を考えつつ7連目のポラリスを目指していくんですが、その理由をちゃんと用意してくれるから分かりやすい。
セブンガールズチャンス射止めたらWUGLIVEの初当たりストックとなるので、650枚をもう一発貰えると思ってもらえれば良いかなと。

ここに至るまでに概ね1000枚は獲得しているので、完走がグッと近づきますよね。

ボッソと
この日は自分もガチャから設定246が出たので出玉率から考えると2ではなかったのかもしれないです。

付き合ってくれた長野ユーザーさんも同じく設定246で、ヤメた後にチェックしにくる人は多かったんですが、グラフだけ確認して遊技はしないんですよね。

ガチャ履歴とか確認すれば機械割100%以上だと分かるはずなんですが、そこまで見ようとしないのかな?
ガチャコインもダダあまりしている場面を見ると設定を追う人って少なくなったんだなって寂しい気持ちにもなります。

フルウエイトで回せばガチャやりながらいけるんで、シビアな人はコイン獲得したら常にガチャりましょう!

ボッソと
初打ちのスランプはこんな感じでした。
手痛い負けではなかったのでホント楽しかったすっね。

WUGはアニメ版権ではありますが、声優さん達の活動もあってこその版権であります。

通常時はアニメなのに、メインAT当選後は急に実写とか何で?って思ったら、ぜひチェックしてください。
どちらもWUGとして切り離せないものなので、打ち手と開発が理解一致するとこうなるというお手本かもしれません。

0

東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

ハズセ編集部のヒキ弱担当。
パチスロの出し方は知っているけど、実戦出来ない。
好きな言葉は乗せボ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. rintaro-83

    りんたろーのボソッと

  2. JoH1のボソッと

  3. ボソッと

    玄之のボソッと

ページ上部へ戻る