狐のボソッと

ボソッと

2018年こそは収支帳をしっかり付けてみようと思っている狐がボソボソ。

現時点でかなり赤いです。
警戒色、危険色と本能的に捉えているからなのか、収支帳を開く度にヤベェな…と認識させられていますわ。

もう良いかなって気持ちが既に芽生えているあたり、春先くらいには収支付けるのをヤメている可能性がかなり高いですね。
奇跡的に持ち直したりしたら継続できそうですが、果たしてどうなることか。

初詣で身体の良くない部分(主にレバーを叩く腕)を天狗様に払ってもらったはずなのですが、なぜこうなった。

現状だと勝つべき時に勝てていない感がかなり強いんですよね。
シンフォギアの翼さんも「勝機を零すな、掴み取れ!」って言っているんですが、ポロッポロ零しまくっています。

そうそう、シンフォギアを手掛けたチームが携わったと噂されるヴァルヴレイヴもかなり期待しています!
初当たり確率が約1/180という、気軽に手を出せる確率帯なのも個人的には嬉しいですな。

さて、話は変わりますが、本日より風営法が変わります。
2018年2月からバジ絆やミリゴ凱旋などが打てなくなってしまうと思っている方も一定数いるみたいですが、そうはならないのでご安心下さい。

正確には再認定を取得している場合に限り、設置が許されるといったところですね。

再認定の手続きをしておけばまだ設置できるんだから、手続きしないやつなんておらんやろ。
って思うところですが、結構ありそうな気がしています。

確か東京都だと12/21あたりで申請がパンクして打ち切られていたはず。
去年の段階だと見通しがしっかり立っていなかったというのもありますが、ギリギリまで様子見に回っていたところとかはアウト判定喰らっている可能性が高いっすね。

昨日まで設置してあったのに、急に撤去されていたら申請していなかったんだなと察してやって下さい。
まぁ、何でもかんでも申請出来るわけじゃないので、極端に古い機種(設置から6年とか経過している機種)は申請すらできないので、そういった機種が消えてしまっていたとしてもホールを攻めないでやって下さい。

それと6号機の規制が見直されたと正式に発表もありましたね。
有利区間1500Gというところは変わらず、最大増加2400枚という部分が追加されましたが、傾斜値SIM<1.0という部分が撤廃されたので、純増2.0枚以上のAT・ARTの開発が可能となります。

他にも指示機能の性能に設定差を持たせることも可能ということで、開発の自由度は上がったと言ってもいいでしょう。

ただ、純増10枚くらいにして一瞬で2400枚獲得ってのを繰り返せるという訳でもありません。
純増を高めすぎると短期出玉率の部分で引っかかりますからね。
しっかり計算していませんが、たぶん3.0~3.5枚が限界でしょう。

何にせよ、開発の幅が広がるということは、イチユーザーの自分からしても嬉しいところですので、これからのメーカー開発力に期待です。

1+

東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

ハズセ編集部のヒキ弱担当。
パチスロの出し方は知っているけど、実戦出来ない。
好きな言葉は乗せボ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    狐のボソッと。

  2. ボソッと

    みどりのぼそっと

  3. rintaro_45

    りんたろーのボソッと

ページ上部へ戻る