狐のボソッと。

ボソッと

予想以上に打感が良くて驚いているコン吉がボソボソ。

沖スロにおいて伝説的な存在となってしまったカナちゃんですが、後発の機種はみんながカナちゃんを目指してデビューしてくる訳です。

そんな中、京楽から登場した沖ハナことあかりちゃん。
これが思っていた以上に良い出来ではないかなと。

先行導入で打ちたくても打てなかったけど、いよいよ全国デビューということもあり、前評判からも気になっていた機種だったので沖ハナ目的で突貫してきました。

久々に叩いた京楽機種は相変わらず下皿出っ張っているので足が当たって痛かったり、リールのモーターも挙動が怪しくてストップボタン押すと停止したリールもダルンダルンだったり、筐体のレスポンスとしてはお世辞にも良いとは言えません。
というか、改善しなかったのかよというのが正直なところ。

ただ、沖ハナに関していうと、この胡散臭さが絶妙にマッチしているように思います。

京楽から登場した沖ドキっぽい台で、目押し不要で疑似ボーナスが揃い、32G以内(厳密には99G以内)は連チャンに想いを馳せてレバーを叩けて、ボーナス中にリール右の女の子ランプが点灯したら1G連するし、さも当然かのように一撃2400枚という上限をなんとなく突破していく謎な台。

多くの人はこんな第一印象なのではないかと思うのです。
そこに操作性の悪い筐体が加わることで、本来であれば打ってはいけない機種を打っているのでは?という変なスリル感がプラスされているように思います。

あかりちゃんの何が胡散臭いって、上でも触れたように2400枚という壁をホントなんとなく超えていくところ。
チバリヨもまだ全国デビューを果たしていませんが、同じように胡散臭さを感じる評判っぽいので、そちらも今から打てる日が楽しみであります。

なんで2400枚を超えていくかというと、単純に有利区間が切れても枚数カウントを引き継ぐから。

有利区間を最大限使って連チャンさせる作りではなく、天国Cまで上げ切らなければ有利区間途切れまくりな作りなんですが、これと枚数カウントの引継ぎが相まって、ホント胡散臭いくらいになんとなくで2400枚表示を突破していくんです。

有利区間のリセットはBIG後のみなので、隠して実戦したらよりスリルを感じて楽しくなりそう。
ま、自分は御免ですが…。

作りはすごく単純で、BIG後に有利区間切れたら天国チャンス or 天国に移行となりますが、基本は天国チャンスとなります。

天国チャンスは99G継続し、ここで引いたボーナスは全てBIGで約66%が天国となるため、いわゆる連チャンに期待できるゾーン。
自力でボーナスを射止めて天国を目指す感じなので叩きがいはかなりあります。
光れ光れと思いながら叩く感覚は南国育ちに近いでしょうか。

BIG後に有利区間切れなかったら高確率で天国滞在となります。
天国はA~Cの3種類存在して、最上位のCに近づくほど32G天井が選択されやすくループ率も上がるので加速度的に出玉が増えていきます。

99G天井でもそれまでに自力当選させることはできますし、99Gであればギリギリ連チャンした感はあるので許せてしまうんですよね。
この間は当たりさえすればBIG確定というのも大きなポイントで、連チャン天井が分かっていて叩く感覚は沖ドキに近い感じでしょうか。

出玉を作っていくイメージとしては、まず初当りのBIGを引きます。

終了時に有利区間が切れるので、最初の1ゲーム目は魂のレバーでチェリー or 確定役を狙います。
チェリーなら概ね1/4でBIG、確定役なら特化ゾーンに飛んでいくので気合いだけは入れておきましょう。

1ゲーム目で上記が引けなかった場合(というか基本引けない)は、気合いで99G以内にボーナスを引きます。
この99G以内にボーナスを引かないと一生連チャンしないので、引ける引けないとかじゃなくて、ボーナスを引きます。
大切なのは気持ちとヒキです。

このBIG後に有利区間が切れなかったら高確率で天国滞在。
32G以内のBIG連チャンにトキメキを覚え、そこを抜けても99G以内のBIG連チャンがあるから早く光らないかなーなんて思いながら叩けます。

あくまでも高確率であり、確定じゃないのがミソ。

天国チャンス⇒天国チャンスと引き継ぐこともあるので、油断していると99G超えます。
この緊張感があるから、99G目に光った時の安堵感は半端無いです。
99Gを超えた場合は引き戻しに移行するので、続行するかの判断をしましょう。

天国チャンス中に引いたBIG後に有利区間切れたら、もう一度天国チャンスのやり直しなので、1ゲーム目は魂のレバーを忘れずに。

とにかくBIG後100Gに全てが詰まっていると言っても過言ではなく、有利区間が切れようが継続しようが100Gは回させる作りになっているのが素晴らしい。

天国で800枚獲得⇒自力引き戻しから天国で1200枚獲得⇒もういっちょ自力引き戻しから天国で1000枚獲得とかやると、有利区間は途中で切れているけど表示は3000枚ってなります。

有利区間が途中で切れようが切れまいが、出来事は全て100G以内となるので胡散臭い連チャンとなんとなくで2400枚を突破するシステムの出来上がりです。

年配層は有利区間とか気にしないと思うので、内部で何が起きているのか不明でしょうが、長くても99G以内に連チャンし、自動でボーナスが揃い、モリモリ出玉が増えていき、2400枚だからいったん終わりというのも感じさせない作り。

沖ドキの後釜を探していて30パイコーナーがあるなら、客層にもよるとは思いますが真面目に検討して良い台だと思いますね。
販促にもしっかり力を入れて、年配層も引き込むようにすれば鉄火場作れるんじゃないかな。

それと告知ランプにハイビスカスを使えなくなった(パイオニアが商標登録した)ので、今後はどういったものが使われていくのかも地味に気になっています。

キンバリーのトビウオ、アパッチのインディアン髪飾りなど個性的なデザインもありましたが、沖ハナの花火は日本人として馴染みも深いし良いチョイスに思えました。

機種モチーフにもよるとは思いますが、千両箱や王冠のランプなんかはありなんじゃないかなって思っていたり。

攻めたデザインなら豆電球とかどうだろう?
ロマサガやり込み勢であれば、ティロリン!の効果音とともに光れば脳汁ぶっしゃー間違いなしでしょ!

0

東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

ハズセ編集部のヒキ弱担当。
パチスロの出し方は知っているけど、実戦出来ない。
好きな言葉は乗せボ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    マスタ~のボソッと

  2. ボソッと

    はばきのボソッと

  3. ボソッと。

    狐のボソッと。

ページ上部へ戻る