狐のボソッと。

kitsune-167

どんな機種も楽しさを見つけていきたいコン吉がボソボソ。

 

どこに楽しさを見出すかは人それぞれだとは思いますが、時間とお金を使っている以上、楽しまなきゃ損ですよね。

そんな考えの自分が最近改めておもろいなって感じているのが楽園追放。
イニDからペナボを上手く使った機種を連投してきたサミーが間に挟んだ機種ですが、いい感じの自力感があってホントおもろいんすよ。

通常時はチャンス目引ければ最低25%でボーナス取れるからそんなに間延びもしないしね。

個人的に刺さっているポイントはCZとATなんですが、イライラとやってやった感のバランスが丁度いい塩梅に感じています。
やれないときはホントやれないので折れそうになる頻度も高いんですけどね。

CZもわかっていないとベルナビ待ちみたいなところありますが、むしろベルナビないときに択ベルをいかに当てるかみたいなところが個人的には好き。
停止系で1st当たっているか否かもわかりやすかったりするので、一打一打気持ちが入りますし。

AT中はゲーム数と防衛時間の関係が絶妙でホント1Gの密度が強いのが良き。
タイムイベントはベルさえ引ければ最低40%で取れるんですが、ここのやれているときとやれていないときの差が激しすぎて、初当たりごとに違った緊張感を持てるのが楽しいんですよ。

タイムイベントってどれも重要だけど、なんだかんだジャミングが一番重要かなって思っていて、これを取れたときに次を思い描きながら叩くレバーがホント楽しい。
ジャミング中はイベント高確率になるので、ベルでも30%くらいでイベント取れるんですよね。

なんでジャミング成功⇒イベント連打⇒刺しまくって伸ばすというルートを明確にイメージしながら叩けるんですよ。
ま、そう上手くは行かないんですが…。

まだ1220秒守りきったことはないので、そこも楽しみにしながら打ち続けていきたいところ。
打っていない方はぜひ一度打ってみてください。

と、長らく続けてきたボソッとですが、いったんストップすることになりました。
また別の形で文章書くこともあると思いますので、その際はよろしくお願いします。

東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

ハズセ編集部のヒキ弱担当。
パチスロの出し方は知っているけど、実戦出来ない。
好きな言葉は乗せボ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 【パチスロ ピンクパンサーSP】役に立たない実戦試打【設定6編】

    【パチスロ ピンクパンサーSP】役に立たない実戦試打【設定6編】

  2. 【Sキャッツ・アイ】役に立たない実戦試打【設定6編】

    【Sキャッツ・アイ】役に立たない実戦試打【設定6編】

  3. パチスロ ゼーガペイン2

    【パチスロ ゼーガペイン2】役に立たない実戦試打【設定6編】

ページ上部へ戻る