狐のボソッと。

ボソッと

あけましておめで中段チェリー!
2020年のヒキを使い切った感のあるコン吉がボソボソ。

2019年の打ち納めから2020年の初打ちも綺麗に負け戦だったため、年末年始はフルボッコでフィニッシュかと不貞腐れていたところ、ヤケっぱちで打ったバイオリベがまさかのパンデミック!

これといって打ち込んでいる機種でもなかったので、何となくのゲームフローは頭に入っているものの、こうすりゃええねん!的な大量獲得イメージは持っていませんでした。
というか、まともに出したことがなかったのですが…。

ボソッと
終わってみればこの枚数。
いやはや、エンターライズさんの機種は素晴らしい出来ですね♪(テノヒラクルー)

かなり良いスタートが切れて、EXゲーム数が200Gちょいまで貯まる⇒さらにノーマンバトル射止めるまでやったときには、これが噂の永久機関かと、人類の夢が遂に実現したのかと喜び勇んでおりましたが、ちょっとつまずくとEXゲーム数150Gくらいは簡単に消し飛ぶということが理解できたため、永久機関はまだ人類には早かったのかと現実の厳しさを思い知らされましたね。

しかしながらこの日はボーナス中にも中段チェリーを引けたりとかして、あれよあれよとEXゲーム数が200Gちょいまで回復。
そのおかげもあって、一撃5500枚という下手したら2020年の最高獲得枚数を記録するに至りました。

とはいえ、振り返ってみて何が重要だったのかというと、セット数継続をどれだけ上手く仕留められるかの一点のみかなと。
ARTレベルはあって2だったと予想していますが、それでも頑張ればここまでやれる訳なので、ARTレベル4だったらどうなるのか体験してみたい気持ちになりました。

ま、ARTレベル4を射止めていても気付かず即死していそうではありますけど。

微妙に再設置が増えているからか、今更ながら新たな内部情報も更新されている模様。
好きな人は調べてみると気になっていたところが明かされているかもしれませんよ。

ボソッと
そうそう、年末年始の長野市はこんな状況になっていました。
コン吉ママン曰く、ここまで降ったのは今冬初だったそうな。

がっつり休みも貰えたので、帰省の2週間くらい前から実家にネットを改めて引っ張り、Wi-Fi環境整えて、リビングのTVを変えてFireTV導入してと、ネット環境を整えてきました。

コン吉の親世代ともなれば、何だかんだでTVの楽しみというのはかなり大きいみたいなので、地上波以外にも色々な作品を見れるということに喜んでいました。
ここから海外ドラマとかにハマって、また帰省した時に理解できない呪文みたいな単語が飛んでこないことを祈るばかりであります。

P.S.
賛否両論あるのは当たり前ですが、6号機ジャグラーに対しては個人的に賛しかありません。
よくもまぁ、ここまで攻めたスペックで出せたものだと感心しております。

6号機に革命が起きた!とかそういった話ではありませんし、これで6号機時代も安泰だな!という訳でもありません。
ただただ北電子スゲぇなって思わされただけです。

0

東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

ハズセ編集部のヒキ弱担当。
パチスロの出し方は知っているけど、実戦出来ない。
好きな言葉は乗せボ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    狐のボソッと。

  2. rintaro-_55

    りんたろーのボソッと

  3. JoH1のボソッと

ページ上部へ戻る