くらげのボソッと

ボソッと

ゲーセン行くと無条件にワクワクしちゃうくらげのボソッと

先日、待ち合わせまでちょっと時間が空いてしまい、ひやかしでゲーセンへ入りました。
(ゲーセン=ゲームセンター)

何の気なしに入ったゲーセンだったのですが、90年代~00年代アーケードゲームが豊富に置いてある、ちょっと主流とは違った雰囲気のお店で、普段だったらぶらぶら~っとUFOキャッチャーの景品を眺めたり、ゲームしてるのか挙動不審なのか見分けがつかないすごい動きをしてる音ゲーマーを見物したりするだけなのですが、珍しく「ガンバレット」をプレイしてみたりしちゃいました。
(ステージ2で爆弾を撃ってしまいゲームオーバー)

昔から休日には、近所のカラオケと併設されているゲーセンによく連れて行ってもらったおかげ(?)か、ゲーセンの雰囲気大好き人間なのですが、ゲーセンにあるゲームはほぼ大半が苦手(というか経験不足)で下手くそなんです・・・かなしい。

ゲームセンターって、楽しい場でありつつ、不思議な緊張感が漂っていますよね。
別に家でなら下手くそだろうが楽しんでゲームできればそれでいいですが、ゲーセンには「下手なプレイはできない」「舐められたくない」みたいな、負けねぇぞオーラが静か~にみんなから流れているのを傍から見てて感じます。

最近のゲーセンだと、UFOキャッチャーとか景品を獲得できるゲームのフロアが多くあって、あとはオンラインで対戦できるアクションゲームやクイズゲームが大半かと思うのですが、
最近のそういったオンライン系のゲームって、「そのゲーセンにいる人間」にプレイを見られないようなデザインが多いのかな、って感じました。

昔のアーケードって画面も大きいし仕切りもなかったですし、少し後ろからでもどんなプレイしてるのか丸見えなんですよね。
今でも格ゲーや音ゲーは画面大きめかと思いますし、店内に大モニターがついてるようなゲームもありますが、そもそも筐体自体がコンパクトになり、後ろに立ってもほとんど画面が見えないようなゲームも少なくないかと。

正直言うと、わたしはバイト先仲間!とかお店の常連仲間!みたいな仲間作りがめちゃくちゃ苦手なので、そういったリアル店舗内でのつながりには縁のない人間ではあるのですが、オンラインゲームが主流になることでそういった面でも時代って変わっていくんだな~、と門外漢ながらちょっと考えてしまったのでした。

なんのソースもない個人の所感を書いてしまったので、まったく的外れなこと書いてたら申し訳ありません(・・;)

先述のゲーセンにはまた雰囲気味わいに行きたいな~と思います。
格ゲーも音ゲーも出来ないので、今度はぷよぷよ通でもやろうかな・・・。
セガ以降のぷよぷよにどうしても馴染めないくらげでした。

それではまた!

1+
くらげ

くらげ東京本社

投稿者プロフィール

鋭意パチスロ勉強中!サイト管理担当です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. コーシン神田

    【コーシン神田店】初の6号機導入!店長の本音とは?

  2. コーシン神田

    【コーシン神田店】HARUの観察日記(2018年12月)

  3. コーシン神田

    【コーシン神田店】今、パーソナルシステムにした理由

ページ上部へ戻る