ナイツのボソッと

ボソッと

…っ。もうすぐ平成も終わり。

ナイツ講釈人。

 

我が家でも兜を飾り、季節感を感じるこの頃。
いよいよ令和がすぐそこまでやってきています。

今年の頭から新しいことを始めると書き続けて早幾年。
とせ、ではないか。早幾月。
そろそろ何を始めるか書かないとやるやる詐欺になりそうです。

令和に絡んで、「令(0)和の日は0円!」などと打ち出している居酒屋などもチラホラ目にするようになってきました。
他にもいろんな会社が5月1日の「特需」に向けて企画を考えることでしょう。

令和の「特需」に絡んで、私が一番気になっているニュース。
「恩赦」。

なんで改元されるだけで本来決まっていた刑罰が軽くなる(赦される)のか、いまだにピンと来ません。皆さんはどうでしょうか。

天皇が変わったことと、とある個人が犯した罪はまるで別で、これは切り離して考えるべきだろう、と言うのが私の考え。

詳しく調べたわけではないので間違っていたら恐縮ですが、例えば殺人事件の犯人。
恩赦で早く出てこられる(もちろん刑務所での態度が良い人だけだと思うけど)なんて、怖くて敵いません。

何より被害者家族の心境はいくばくか。

…と思ってちょっと調べてみたら、被害者のいる犯罪者の恩赦はほぼないだろうとの事。
そこには一安心。

でもやっぱりどうあれ、天皇が変わることと犯罪は切り離して考えるべきだとやっぱり思ってしまいます。

と。
ちょっとネガティブなことを書きましたので切り替え。

社会全体としては新しい時代に向けて、ポジティブになるべき瞬間だと思います。
それを狙っての「特需」でしょうし。

子どもたちの事を考えても、やはりポジティブになるべきでしょう。

それでは。

令和が楽しく笑顔あふれる時代になりますように!

0

ナイツ東京本社、関西支部

投稿者プロフィール

数字が大好き、HAZUSEのお父さん2号。最近すっかり負けキャラ。数字も好きだがロマン好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. コーシン神田

    【コーシン神田店】今回は現場スタッフに直撃インタビュー!

  2. ko-shin-31

    【コーシン神田店】HARUの観察日記(2019年3月)

  3. JoH1の制御模索日記(ディスクアップ編)

ページ上部へ戻る