TOYのボソッと

ボソッと

久しぶりにパチスロを打っていてガッカリしました。
どうも、TOYです。

最近私が好きになることが多いパチスロ機種の共通点は何かな~とぼんやり考えていると、ふとある共通点に気づきました。それはズバリパチスロ機種の発売メーカー。そしてそのメーカーとは、あの京楽産業。

少し前のAKBや仕事人も、個人的には嫌いではないですし、少し前に発売されたテラフォーマーズなんかは、かなり好きです。最近だと、個人的にもの凄く刺さった仮面ライダーblack等々、とにかく嫌いになる機種が少ないメーカーです。

そんな京楽が仮面ライダーblackと、同時期に発売したパチスロ機であるウルトラマンセブン。
解説動画はコチラ。

先日そのウルトラマンセブンを、1日がっつり打ってきました。通常時はかなり重いARTの初当たりに、ゲーム数管理のCZと、最近の台と比較してもあまり目新しい要素はなく、お世辞にも面白いとは言えません。

やはりこの機種の魅力は、全て特化ゾーンであるセブンアタックに詰まっています。まず7を揃えれば上乗せ基本ゲーム数の7倍確定という分かりやすさが良いです。そして最初は気軽に叩けていたレバーが、上乗せ基本ゲーム数が上がっていく度に、増していく緊張感。この感じ、悪くないです。

今回は95ゲームまで育てたゲーム数のセブンアタックをスカッた訳なのですが、久しぶりにパチスロを打っていてガッカリしました。
そこでふと、ここまで熱くなれているパチスロって久しぶりかもな~という逆説的な心境になりました。

京楽のパチスロ台は、スロットには不必要な過度な液晶演出が特徴的で、これには辟易しますが、それぞれの台に面白いと思える光るポイントがあります。もう少し作り込んだらかなり評価されるパチスロ台になれたのでは?という機械も多いです。

私自身最近は、あまり熱くなれるパチスロ台に出会えてないので、今後の機械開発に期待しています!

1+

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. コーシン神田店

    【コーシン神田店】相次ぐ規則改正の中で…ホール運営の今と未来

  2. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ話(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

  3. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ実戦(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

ページ上部へ戻る