TOYのボソッと

ボソッと

解析が早く見たい!
どうも、TOYです。

ルパンフィーバーも終わって、最近やたらと打っている機種であるHEY!鏡。まあ理由としては、鏡バブルなのか、夜からホールを観察していると、設定期待度を感じる台に出会える事が多く、ついつい座ってしまいます。

この台に初めて触った時の私の印象は、比較的単調ですぐに飽きそう、普段打てる主力機種にはならないかな~と思っていたのですが、なんだかんだで触る機会が多く、打ち続けていると、スルメポイントなんかにも気付けてきて、今の所はまだ楽しく打てています。

先日も初当たりをよく引けている鏡が空いていたので、打ち始めてみると・・・今まで触っていた鏡とは別格の挙動で初当たりが取れる、取れる。

先行情報で聞いていた1~2周期目がチャンスっていう情報も、低設定を打ってると、そのチャンス感を感じる事は出来なかったのですが、ベースの設定があるラインを超えると、それを実感できるのかと思うと、少し下に振れたら止めたくなるユーザー心理にも配慮が欲しかったな~と残念ポイントに感じています。

そしてもう一つ先行情報で言われていた6はバスに行かない!という情報。相対的にはそうなんだろうと思っていましたが、6でも1/3はバスな訳で。確かにレア役での昇格を含めると、そう言いたい気持ちも分かるのですが、イメージって怖いなと改めて感じました。

あと気になっているのは、未だに見えてこない5の挙動でしょうか。最近の番長シリーズは5に特徴的な出玉設計を施しているのですが、鏡でもそれは継承されているのでしょうか。ドライブゾーンの初当たり天国移行は、かなり優遇されているみたいですが、これが5の特徴って事になるんでしょうか。うーん、続報に期待です。

20+

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. コーシン神田店

    【コーシン神田店】ホールとユーザーが思う「プロ」とは

  2. コーシン神田

    【コーシン神田店】HARUの観察日記(2019年1月)

  3. コーシン神田

    【コーシン神田店】初の6号機導入!店長の本音とは?

ページ上部へ戻る