TOYのボソッと

ボソッと

副業で農家!?
どうも、TOYです。

先日機種情報チームが、6号機のSUPER RENOXXを試打するという事で、玄之くんに無理言って試打を代わってもらい、山佐に同行してきました。演出機と通常機の両方打ちましたが、試打した感想としては、RENOとしてよくまとまっていると感じました。

ます筐体デザインですが、下パネルにデカデカと印字された黄色の7図柄。うーん、何とも艶やかな色ですね。スペック面を確認すると、大当たりした際の塊感としてはRENO以上、SUPER RENO以下との事。

その塊に手を伸ばす入口となるトマト確率は、まあまあ重いので、塊を体感したことのない人は、心が折れてしまうかもしれません。ちなみに通常基盤で軽く測ってみたら、50枚ベースで37~38Gくらいでした。

ただ試打機では、コインの増える感じは掴めませんでした。実際コインで遊戯するとどんな感覚になるのかという部分に関しては、新時代トマトのホールデビューを待ちたいと思います。

大当たり中の爽快感に関して考えてみると、6号機のSUPER RENOでは、状態中のボーナス獲得枚数は、100枚前後と前作に比べてかなり減りました。
 
ただREGがないので、告知が入って揃ってみたらがっかりが今作はありません。またボーナス当選時には、必ず左のランプ告知が入るので、状態中の打感としては、ノーマル機を打ってる感覚がより強くなったように感じました。このランプの告知パターンも豊富で、演出面でも山佐らしさが存分に詰め込まれています。

また大当たりの消化スピードに関しては、前作と同程度に感じました。

今回打っていて一番良かったのは、連チャン時の楽曲。今作もRENOらしい選曲です。これはITUNEでの購入決定です!

総合してみると、【6号機の規則で限りなく前作の良さを残した台】だなと感じました。ただRENOのシステムに馴染まない人には、どうしても刺さる要素はありません。ただ状態中におけるノーマル機を打ってる感覚が強くなったことで、新たな遊技層の発掘はあるかもしれないと感じました。

まあ、あまり過度な期待はせず、新種のトマトが出荷されるのを待ちたいと思います。※今回噂の下段トマトは見れなかったので、ホールで出したいと思います。

実はチェンクロもちょろっと触ったのですが、これまた悪くはなかったです。ただゲーム性は鏡なので、あのシステムが今後の6号機の主流になるのかなと感じました。

21+

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 【コーシン神田店】JoH1の分析日記(2018年10月)

  2. 【コーシン神田店】コーシン神田店店長の過去に迫る

  3. コーシン神田店

    【コーシン神田店】パチクル観察日記⑥

ページ上部へ戻る