TOYのぼそっと

タイガー&バニー

6号機でようやっと愛せそうな台に出会えました。
どうも、TOYです。

意外な伏兵として登場したその台は、パチスロ TIGER&BUNNYです。

というか打ち終わって、ぼそっとにしようと思ったので写真撮影忘れました。とりあえずアイキャッチは同時期に打ったまどマギ 叛逆です。ほむらVSマミはとにかく時間停止しないとお話にならない事は身に沁みました。

それよりも今回のお題はタイバニです。
いやー前評判は聞いていたので、不安と期待が50%ずつで打ったのですが、初打ちの感想は良いよ?コレの一言でした。この台、前情報で5号機の良い所取りをしたという触れ込みだったのですが、私の好きな山佐が戻ってきたなと実感しました。

少し前に発売された鉄拳みたいな変な挑戦ではなく、今出来る範囲で山佐の良い所を進化継承させた台に感じました。こんな台が続いてくれれば、山佐の台に触れる機会も多くなりそうな気さえしました。

台の中身を見ていくと、6号機のスタンダードだと思うボーナス高確率状態をトータルイクリプスの様にSTで表現したAT。セットの消化をループ率転落後にしたのも個人的にはGOODなポイント。またセット乗せにも純増が変わるという新たな概念を追加する事で、新たなゲーム性へのチャレンジも忘れていません。

また基本的な出玉増加は大きな特化ゾーンで伸ばす台ではなく、コンスタントにボーナスをヒキ出玉を増やすゲーム性なのですが、特化ゾーンに入ればそこそこ偉いというのも痺れます。昨今弱い特化ゾーンが多いので、入ったドキドキを感じられる特化ゾーンってやはり良いですよね。

その一つである無敵モードは、他社ですが、パチスロ ガンソードのオーバードライブ彷彿とさせるループ率がある無敵区間、STでハラハラドキドキじゃない?安心して消化できる時間もあるよ?という何とも憎い特化ゾーンです。

通常時のゲーム性も天井は低く、且つ前半のゾーン区間がそこそこ強いというのも明確な止め時がなく良いです。そのゾーンというのが高確移行に関しての内容です。この台、ゲーム数での当選もあるのですが、あまりそこの比重は大きくなく、基本はCZからボーナス当選を目指すゲーム性です。

そのCZは従来のパチスロと同様、状態が当選率に大きく影響するので、自然と高確の重要性が増します。またこの台は、高確に関する概念もCZ当選まで転落が無い仕様です。この高確移行の切符がゲーム数の消化で貰えるので、1回CZに当選するまでなんて打ち方も出来ます。

また超高確率もまあまあ行くので、CZが身近に感じ、追い銭させる罠もたっぷりです(笑)

ただ良い所だけではなく、300ゲーム以降のゲーム数到達恩恵にいやらしさを感じたり、ART中の演出のバリエーションの少なさに少し辟易したりと、粗も見えるのですが、トータルで見ると、今の所面白い台という評価なので、もっと打ち込んで楽しさを発見していきたいと思います。

0

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. CRフィーバーパワフルDX

    海子のぱちんこ話(CRフィーバーパワフルDX)

  2. コーシン神田店

    【コーシン神田店】相次ぐ規則改正の中で…ホール運営の今と未来

  3. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ話(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

ページ上部へ戻る