TOYのぼそっと

これはこれでアリ?
どうも、TOYです。

先日6号機で今年2番目に楽しみにしていたマジカルハロウィン7を打ってきました。その感想を本日は書いていこうと思います。まあ、とは言っても仕事帰りにちょろっと触った+出玉を獲れた事もあり甘めのレビューです。

通常時ですが、まず画面が大きい。これは最近の台全般に言えますが、大きいのは正義です。通常時はボーナスを目指すゲーム性で、CZからのボーナスもあります。通常時からARTに当選したら設定差ありますよ!というまどマギちっくな構成です。CZ当選はレア役とゲーム数で抽選していて、ゲーム数での抽選はモードが絡んでいる・・・って所までは予習していました。いざ打ち始めると、通常時のステージ移行や世界観の設定から、主人公達が南の島で大暴れっていうのが世界観なのかなって所までは何となく理解しました。

そんな事をぼーっと考えていると、リールロックからチャンス目。レア役引くと、ボーナス当落演出、高確orCZの煽りというのが基本の流れみたいです。

そうこうしている内に300ゲームのゾーンでCZである桔梗ゾーンでレア役連打からカットイン赤。バーを狙え告知でリールを止めると、見事一番枚数の取れるボーナスに当選。ありがたい事にこのボーナスはART付きです。ただ初打ちの醍醐味といいますか、事前知識をあまり入れずに台と向き合っているので、一つ一つの演出に一喜一憂。最初はバー揃いしたタイミングでフリーズするんじゃないかと思っていたのは秘密です。

そこから楽しい楽しいARTと思っていた所にART開始時に歌が流れます。

マジハロは本当に楽曲が秀逸ですよねー。

今作のカボチャンスですが、純増変動型ですがナビモードが高いとかなりイケイケ感があります。今回は青EXしか出来ませんでしたが、EX中に1度でもレア役を引けると、保証ゲームももらえるので、これを含めると勝負出来るゲーム数をもらえます。

残念な部分としては、仕様的にしょうがないのですが、ハズレが多くAT中のナビ無時にあまりドキドキしません。またぺポさんがまあまあ重要な役割なせいか、AT中のレア役からのボーナス当選は少し抑えられている印象です。

総評としては、マジハロ4の一連の流れに似たモノを感じました。王道のマジハロらしさは薄目にして、今の流行り要素を詰め込んだ台という印象です。ただ感触はかなり良く、年末はこの台で遊べそうかなと感じています。今回は王様やれていないので、次回はそこが一つの目標です。

P,S
私はペポポイント獲得チャンス時は中押し派です。

1+

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. JoH1のボソッと

  2. ボソッと

    玄之のボソッと

  3. ボソッと

    マスタ~のボソッと

ページ上部へ戻る