TOYのぼそっと

人の噂はアテにならない?
どうも、TOYです。

コロナの影響で遂にオリンピックの延期が決まりそうですね。オリンピックは本当に大きなお金が動くので、延期はないかなーと思っていましたが、それを上回る世界情勢という事なのでしょうか。ぱちんこ業界に目を向けてみると、スロットでは物語シリーズや鬼武者といった5号機時代のビックコンテンツが6号機仕様でホールデビューしました。この2機種を比較すると、挑戦と継承の2つの側面が見て取れます。

物語2ndは、楽しい部分を出来る限り継承、通常時もコンテンツが持つ豊富な演出でカバーしている優秀台という印象です。ただどうしても仕様的に何かを突破してからでないと楽しい部分に到達出来ないのは、少し残念でした。

それに対して鬼武者は、通常時は出来る限りシリーズを継承、AT区間では新しい見せ方にチャレンジしています。ただこれが法則性を知ると楽しくなるかもしれないのですが、少し単調に感じました。個人的には高確でのベルの払い出し音が刺さりました。

この2機種、かなり批判的な意見が目につきます。曰く物語2ndとガンダムクロスオーバーを比較すると、まだクロスオーバーの方が良い等。6号機全般に言えますが、在りし日の台の面影を見せる様な台は、より当時との差に目が行き、落胆度合いが強くなるのかなと感じます。

ただそんな中在りし日の面影を再現できるのでは!?と期待しているのが、今度山佐から満を持して登場するモンキーターン4です。だってモンキーで2000枚とか・・・かなりの事故なので、以前から6号機にマッチするのではと密かな期待を寄せている本機。ホールデビューが今から楽しみです!

0

TOY東京本社

投稿者プロフィール

どうも、TOYです。現在HAZUSEで営業しています。
喋るのは得意だけど、書くのは苦手です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ボソッと

    JUNのぼそっと

  2. ボソッと

    くらげのボソッと

  3. ボソッと

    狐のボソッと。

ページ上部へ戻る