第485回ハズセ連れ打ち結果報告 ムック

ムック

前回の大きな負けを取り返しに、1ヶ月ぶりのムックへリスノが突撃します!

前回のムックにて漢を魅せつける負け方をし、悔しい思いがあるムック。
あのあと編集部内では「あと2万足せば大台だったのに」と茶化されましたが…でも今回は違います!
きっちりと狙いをつけてちゃんと勝ちに行く、漢を魅せないスマートな立ち回りをみせてやります!

今回の連れ打ちは玄之さんが下見に行ってきてくれました。
この下見レポ、自分の中では狙い台を絞るのに非常に役に立ちます。
出玉情報でもある程度見られるけど、やっぱり生の目で見てくると印象が違いますからね。

下見レポで気になったのは「クランキーコレクション」
前回の連れ打ちでもユーザーさんが出していたこともあり、下見レポでも出玉感はありあり。
ということは今回も…と期待はしてしまうわけです。

抽選が一桁だったらバジ絆に走ろうかと考えてましたが、そんなことは夢物語であることを教えてくれる、37番。
バジ絆も空いていても選べ無さそうだし、期待感もりもりのクランコへ狙いをつけ、着席。

結果から言ってしまいましょう。
2700枚流しの3.5kでプラスで終えました!

やったー!久々の勝利だー!!
これもひとえにクランコさまさまです。
下見に行った玄之さん?まぁいい仕事したんじゃない?

ユーザーさんにコーヒーの差し入れをもらい今日はいける!と感じましたが、朝一REG先行。
バケ死が怖いからプランB(BIG先行にシフトさせるため、一度台を離れて”間”をおく作戦)を決行しましたが、無事に作戦成功となり上々の2700枚流し。
ただ、離れている間に期待感がありそうなサラ番をユーザーさんと一緒に打ったり、空いたバジ絆打ったりして投資が膨れましたが…。
まぁ楽しかったからオールオッケーです!

さて、ムックといえば下見レポからでもわかるように、バジ絆が強いお店でして、16台に増大してやる気も十二分。
お客さんも期待感があるとわかっていて、朝一の並びの時も「どのバジがいいか」「どんな法則性があるか」なんていう話が出ていました。
結果は期待通り、バジ絆は出玉がついていました。
456確定の弦之介6ベル撃破がユーザーさんの隣から出たという話も聞きましたし、設定も入っていたのだと思います。

狙い台のクランコは、スイカの落ちはとても良好。
開始10分でこぼしましたが。
ボーナスも当たるし(合算1/135)で、普段打っているクランコとは明らかに違うため、この時点で上を確信。
BIG19回中クランキー揃いが2回あったため、もうこれはこぜ…という感じでした。

ジャグラーも2箱から3箱持っている台が複数あって粘っている人も多かったので、確信げに回していたのだと思います。
ここまでは下見レポートからも見ていればなんとなくは予想できたところ。

では、それ以外はどうだったの?というのが今回のメイン。

今回お宝が結構あったような気がします。
ユーザーさんが初め打っていたサラ番はすこぶるモード移行がいいと聞きましたし、浅いゲーム数で当たる月下雷鳴、じんわりと鉄拳2ndが出玉を伸ばしていたりしてバラエティも活気がありました。
まどマギも通常ARTを複数回確認できた台や、北斗の強敵もコンスタントに初当たりを引いていた台があったりと、バジ絆以外にも力を入れている印象を受けました。

むしろ、バジ絆もいいけど他も探して!とお店からメッセージを受けた感じです。
朝一に看板のバジ絆に期待感を求めるのは至極当然ですが、それだけだとやっぱりつまらないですからね。
しっかりと立ち回れて、探す楽しみがあって、探し当てた時のよろこびがあるのがムックのいいところだと思います。

4月1日にリニューアルを迎えるムックですが、連れ打ちがあったのが3月26日で次回の突撃が4月。
リニューアル後はまた雰囲気が違ってくるとは思いますが、今回がこんな雰囲気だったから、今後も期待はできそうです。
むしろもっと期待感をばらまいてくれるかも?

参加された皆様お疲れ様でした!
次回もよろしくお願いしますっ。

0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. コーシン神田店

    【コーシン神田店】相次ぐ規則改正の中で…ホール運営の今と未来

  2. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ話(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

  3. CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.

    海子のぱちんこ実戦(CRスーパー海物語 IN 沖縄4 桜バージョン 199ver.)

ページ上部へ戻る